MENU
カテゴリー
緊急開催!今注目の【大藪裁判】徹底解説

フランス、イタリア両国の団体がミラノでの博覧会で講演

フランス、イタリア両国の団体がミラノでの博覧会で講演

イタリアで国際大麻博覧会が初開催され、フランスの大麻生産者連盟 (FNPC) 代表の一団が、より多い収穫量を可能にする播種法について講演を行います。このフランスからの参加者による講演は、ミラで11月17日から19日に開催される同博覧会の2日目に予定されています

イタリアのヘンプ関連団体のフェデルカナパ (Federcanapa) が事務局を務めるこの博覧会は、「イタリアにおける大麻の再生」と題されています。セミナーと展示会はミラノのトルネリア・トルトナ博覧会施設で開かれ50以上の出展者が見込まれています

大麻の育種を目的とする非営利団体のFNPCは、フランスの産業用大麻生産農家を代表し、大麻種子生産の認証も行っています。このイベントでは、ターラント県クリスピアーノで剥離プラントを運営し新たなヘンプビジネスの創出を支援しているサウスヘンプ (SouthHemp) が講座の企画を担当しています

「イタリアの数多くのヘンプ関連の個人起業家によるプレゼンテーションも予定しています」と、フェデルカナパのレイチェル・インヴァルニッツィ氏は言いますインヴァルニッツィ氏はサウスヘンプの創業者で

金曜日は終日ヘンプ関連産業についてのミーティングと講演に充てられ、土曜日には大麻とその派生物に関する研究と最新の応用が取り上げられます。ヨーロッパ産業用大麻協会マーク・レインダース会長がSkypeで博覧会に向けてスピーチを行う予定であることもインヴァルニッツィ氏は明らかにしました。HEMPTODAY 2017年10月29日)

関連記事:

  1. ラケーレ・インヴェルニーツィ氏、EIHA役員に就任
  2. ウクライナの市長、Hemp2020での講演をキャンセル

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

AUTHORこの記事をかいた人

日本臨床カンナビノイド学会員。北海道ヘンプ協会(HIHA) 法人会員。

美容クリニックで専門医監修の下、CBDオイルを利用したアトピー性皮膚炎の治療を開始。1年間の観察結果からアレルギー数値と、症状の改善がきっかけで大麻の可能性を一人でも多くの方々に知ってもらいたいと思い立ち、編集局員として参加。

「HEMP TODAY JAPAN」を通じて、「世界の大麻産業」の真実を知ってもらう必要があると考えております。

そして、大麻へのマイナスイメージを払拭がされ、医療分野、産業分野問わず、大麻由来製品を誰でも簡単に低コストで利用できる環境を望んでいます。

2017年6月~青山エルクリニックモニター参加。
2018年5月「Hemp Food, Health & Beauty Summit」(HTセンター/ポーランド)。
2018年8月「中国 黒龍江省ヘンプ産業視察ツアー2018」参加。

目次
閉じる