MENU
カテゴリー
緊急開催!今注目の【大藪裁判】徹底解説

Facebook がポーランドの大手ヘンプ企業を禁止に

Facebook がポーランドの大手ヘンプ企業を禁止に

ポーランドの大手ヘンプ企業HemPolandg弁明するチャンスを全く与えられずFacebookのページをブロックされた、とHempTodayに語りました

HemPolandの創設者マチェイ・コワルスキーは「ポーランドのすべての大麻関連企業過去に広告を拒否された経験を持っているが、しかし以前は、最低でも説明の機会はあった」と話しました。HemPolandは垂直統合型ヘンプ企業で、地元の農家とヘンプの栽培契約を結んでおり、食品や健康製品を製造しています

「過去に私たちの主張が受け入れられなかった場合でも、少なくとも誰かが聞く耳を持ってくている感じがあった」とコワルスキーは今回のFacebookによる広告拒否について語りました。Facebookはポーランド語で大麻を意味する言葉「konopie(コノピー)」の使用を明らかに禁じています。これまで同社は、過去に警告を受けた事も苦情を受けたこともなかった言います。彼は、Facebook通知スクリプトの「アピール」のメカニズムは説明の機会や、Facebook側と対話を開始する可能性を提供してくれなかったと語りました。

目次

Facebook、Google絡みの広範な問題

ポーランドのこの一件は、世界的に産業大麻業界がソーシャルメディアサイトで直面する広範な問題を反映しています。特にGoogleとFacebookといった最も強力なソーシャルエンジン2社は共に、広告に「ヘンプ」という言葉を使用することに関し、それぞれ独自の全く統一性のないポリシーを掲げています。Facebookの規約がその国の言語レベルで解釈される場合、混乱はさらに深まります。アメリカのヘンプ企業時折Facebookにブロックされると話していますが、今のところ、その大部分は弁明に成功しています

ポーランド中北部のエルブロンクにあるHemPolandは、主にCBD(カンナビジオール)製品のCannabiGoldを主に製造し、短期間にヨーロッパ8カ国に流通経路を構築しました。同社はまた、アメリカCBDをバルク販売しています。それでも、ポーランド国内でポーランド語によって積極的に市場を開拓する能力は、会社にとって急成長を維持するための根幹を成すものだ、とコワルスキー氏は語りました

HEMPTODAY 2017年10月30日

関連記事:

  1. ポーランドの研究所が420万ドル規模の大麻関連プロジェクトを実施へ

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

AUTHORこの記事をかいた人

日本臨床カンナビノイド学会員。北海道ヘンプ協会(HIHA) 法人会員。

美容クリニックで専門医監修の下、CBDオイルを利用したアトピー性皮膚炎の治療を開始。1年間の観察結果からアレルギー数値と、症状の改善がきっかけで大麻の可能性を一人でも多くの方々に知ってもらいたいと思い立ち、編集局員として参加。

「HEMP TODAY JAPAN」を通じて、「世界の大麻産業」の真実を知ってもらう必要があると考えております。

そして、大麻へのマイナスイメージを払拭がされ、医療分野、産業分野問わず、大麻由来製品を誰でも簡単に低コストで利用できる環境を望んでいます。

2017年6月~青山エルクリニックモニター参加。
2018年5月「Hemp Food, Health & Beauty Summit」(HTセンター/ポーランド)。
2018年8月「中国 黒龍江省ヘンプ産業視察ツアー2018」参加。

目次
閉じる