MENU
カテゴリー
緊急開催!今注目の【大藪裁判】徹底解説

MedMenの創業者がCEOを辞任

画像

画像:引用元

米国の大麻小売大手である MedMen Enterprisesの共同創業者であるAdam Bierman氏は、最高経営責任者を辞任し、理事会での投票権を放棄しました。

 

2月1日に有効となったこの辞任劇は、数百人の従業員の解雇や非中核資産の売却など、同社の財務の健全性について疑問の声があがるなかで起こりました。

画像

画像:引用元

また、直近の財政危機の兆候として、同社は取り扱い製品のベンダー達にエクイティペイメント(新規発行株式や新株予約権付き社債などでの支払い)を検討するよう求めており、これは明らかにキャッシュが不足しているとして、株主にとっての懸念材料となっています。

MedMenは金曜日のニュースリリースで、もう一人の共同設立者であるAndrew Modlin氏も2020年12月までに多議決権株式を放棄することに同意したと述べました。

 

保有数に比例した議決権を行使できる通常の株式と比較すると、こうした多議決権株式の保有者は、より大きな議決権を持つ事になります。

画像

画像:引用元Andrew Modlin氏

この特殊な株式を保有している事によって、Bierman氏とModlin氏は会社を支配してきました。

画像

画像:引用元

また、二人がMedMen社のためではなく個人的な利益のために多議決権株式を利用して経営を牛耳ってきたと主張する訴訟が起こされており、両氏は、この申し立てを否定しました。

 

Mike Regan
これによって(他の)株主は、より強力な発言権を持ち、理論的には、会社の支配権を変更する力を持つようになる

 

と、Marijuana Business Daily誌の資産アナリストであるマイク・リーガン氏は述べています。

画像

同社の取締役会は、Ryan Lissack氏を暫定CEOに任命しました。彼は会社の最高執行責任者兼最高技術責任者です。

 

画像

画像:引用元Ryan Lissack氏

MedMenは、このところ経営者の判断ミスが原因とみられる経営体質への不信が広がっていたため、このニュースを受けて同社の株は6.7%上昇しました。

 

Yosuke Koga
MedMenの株式を保有している投資家の方々は、このところ下がり続けている同社の株価にヒヤヒヤしているのではないかと思います。そんななか今回の交代劇は、ひとまずは良いニュースと考えても良いのかもしれませんね。

 

Canopy Groth社のブルース・リントン前CEOをはじめ、この数ヶ月の間に、上場大麻企業のトップ交代が相次いでいます。

 

これまで大麻産業では、ゼロからスタートして一気に上場まで上り詰めたカリスマ経営者が企業の顔を勤めてきましたが、こうした「馴染みの顔」が取締役会に追放された後に、弁護士や銀行出身者などがポストを引き継ぐ動きを見ると、一抹の寂しさもありますが、大麻産業も他の産業と同様の成熟期に入りつつある予感がします。

 

引用元:https://www.investors.com/news/medmen-stock-ceo-adam-bierman-steps-down-marijuana-stocks/

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

AUTHORこの記事をかいた人

Yosuke Kogaのアバター Yosuke Koga HTJ 編集長

1996年カリフォルニアで初の医療大麻が解禁。その5年後に現地へ移住し、医療大麻の家庭栽培、薬局への販売などの現場や、それを巡る法律や行政、そして難病、疾患に対し医療大麻を治療に使う患者さん達を「現場」で数多く見てきた、医療大麻のスペシャリスト。

10年間サンフランシスコに在住後、帰国し、医療機関でCBDオイルの啓蒙、販売に従事し、HTJのアドバイザー兼ライターとして参画。グリーンラッシュを黎明期から見続けてきた生き証人。

目次
閉じる