MENU
カテゴリー
緊急開催!今注目の【大藪裁判】徹底解説

EUの新規食品登録が、今年のEIHA総会の焦点に

画像EUの新規食品登録が、今年のEIHA総会の焦点に

欧州全域のヘンプ産業関係者が、ヘンプ食品に関する合理的なルール作りを続けるなか、6月5日から6日にかけてケルンで開催される欧州産業用大麻協会(EIHA)会議では、ヘンプ抽出物とEUの新規食品カタログが焦点となるようです。

EIHA の運営責任者であるLorenza Romanese氏は、この会議でヘンプ食品、CBD、その他のヘンプ抽出物を支援する同協会の、EUでのロビー活動の最新情報をお伝えします。

EIHAは、CBDを中心とした大麻抽出物に関して、欧州における伝統的食品としての規格化に向けた働きかけを行っており、 結果として、高額な費用のかかる新規食品カタログ・ガイドラインに基づくコンプライアンス・ルールからのヘンプ製品の除外を目指しています。

目次

EUのヘンプ食品の歴史

EIHA理事を務める、英国CannaWell社のCatherine Wilson氏は、この協会の立場を強化するために、「食品としてのEU産ヘンプの花穂と葉 – 新規食品」と題し、プレゼンテーションを行う予定です。

今回のHemp Todayが毎年発行しているEIHA会議特別号では、EUの食品市場におけるヘンプ抽出物の状況を検証し、欧州大陸のヘンプ食品の歴史を追跡します。

食べ物についての話

また、同会議では、EIHA理事でHempro International社およびHemp Consult社創設者兼常務取締役のDaniel Kruse氏も食品に関する講演を行う予定で、最近ドイツで稼働した、完全なソーラー発電式食品加工施設「ヘンプファクトリー」を紹介し、最新鋭の食品加工全般について講話します。

ハンフファーム社(ドイツ)のRafael Dulon氏は、「ヘンプベースの食品:世界的に知られている人類の伝統的栄養源が再発見されつつある」と題した講演を行う予定です。

また、Romanese氏は、EUの共通農業政策、農業部門への補助金制度、および支援プログラムの改革過程において、ヘンプ産業の視点を盛り込むためのEIHAの取組みの概観を解説します。

スピーカー募集は終了

EIHAの第16回年次会議では、25名以上のスピーカーが登録されました。そのテーマは以下の通り

  • 世界のヘンプ産業と今後
  • 国別レポート
  • 農業および加工
  • CBD
  • ヘンプ繊維
  • ヘンプ建築、有機素材、および製紙
  • ヘンプ食品

世界で最も多様で国際的なヘンプ産業の専門家の会合であるEIHA会議は、昨年40カ国以上を代表する300以上の重要な業界関係者を集めました。

Hemp Todayは、EIHAの提携パートナーです。世界のヘンプ産業の今後を左右するEIHA会議に参加を御希望の方は、HTJまで御連絡下さい。

引用元:https://hemptoday.net/eiha-2019-conference/

上記の引用元の記事が読めなかった方、コチラをクリックしてください。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

AUTHORこの記事をかいた人

日本臨床カンナビノイド学会員。北海道ヘンプ協会(HIHA) 法人会員。

美容クリニックで専門医監修の下、CBDオイルを利用したアトピー性皮膚炎の治療を開始。1年間の観察結果からアレルギー数値と、症状の改善がきっかけで大麻の可能性を一人でも多くの方々に知ってもらいたいと思い立ち、編集局員として参加。

「HEMP TODAY JAPAN」を通じて、「世界の大麻産業」の真実を知ってもらう必要があると考えております。

そして、大麻へのマイナスイメージを払拭がされ、医療分野、産業分野問わず、大麻由来製品を誰でも簡単に低コストで利用できる環境を望んでいます。

2017年6月~青山エルクリニックモニター参加。
2018年5月「Hemp Food, Health & Beauty Summit」(HTセンター/ポーランド)。
2018年8月「中国 黒龍江省ヘンプ産業視察ツアー2018」参加。

目次
閉じる