About Us

当サイトをご利用頂きありがとうございます。

ここでは、HempTODAYJAPAN(以下、当サイト)がどのようなメディアなのかをご紹介させて頂きます。

それぞれの記事下部のソース元のサイトをクリック頂き英語サイトに飛んで頂くと、閲覧される記事によっては、有料会員に登録しないと読めない記事がございますが、その件についてもご説明致します。

(例えば、この記事をクリックして頂きますと、Join usと記事の下部に記載されており、読み進めたい場合、有料登録が必要です。)これらを無償でご提供させて頂いているのが当サイトでございます。

当サイトは、全世界のヘンプ産業経済ニュースを配信する“HempTODAY”(ヘンプ・トゥデイ)の日本版サイト“HempTODAYJAPAN”(ヘンプ・トゥデイ・ジャパン)となります。

当サイトの英語版HempTODAY(https://hemptoday.net/)は、出版編集者(ジャーナリスト)であったカート・ライハ―氏がポーランドを拠点にして、2014年から始めた全世界のヘンプ産業専門のニュースサイトです。

英語版HempTODAYとしては、年会費120~300ユーロ(15,600~39,000円)の有料情報配信をしており、日本以外の国では原則、有料会員のみ閲覧可能な記事が多々ございます。

そこで、日本の事情を説明し、カート・ライハ―氏が世界に配信している「有料記事」を、日本版サイトのみ「無償」での配信許可を頂いた上、サイト運営のラインセンス契約を結ばせて頂き、2018年4月20日から運営をスタート致しました。

当サイトは、2018年4月20日、スタートの時点で、英語版サイトの2017年9月からの8か月分のニュース記事で有料情報を含む70本以上を日本語訳したものを無料公開しました。(※2019年4月現在は250記事以上)

現在、英語版から発信される月10本程度のニュース記事(有料記事含む)を翻訳して、編集局員達が自らの足を使い国内外問わず取材を行ったHTJオリジナル記事(「HTJ」というアイコンがついてます)など、すべて無料公開し、BtoB情報のポータルサイトを目指して運営しております。

当サイトの目的は、消費者向け(BtoC)ではなく、企業対企業(BtoB)をターゲットにして、グローバルな展開が急速に進むヘンプ産業のイノベーションをサポートすることを目的にしています。

さらに、日本一の栽培県である大麻博物館(栃木県那須町)、北海道庁や道議会と連携して新産業創出を目指す北海道ヘンプ協会(北海道旭川市)の協力を得て、日本独自のニュース記事を英語に翻訳し、HEMP TODAYへ提供し、海外ではほとんど知られていない日本の動きを発信しております。

英語版HempTODAYとしては、ヨーロッパ最大で全世界36か国のヘンプ企業ネットワークを有するEIHA(欧州産業用ヘンプ協会)の公式情報誌を担い、この分野の先駆的なメディア・ハブ(拠点)として機能して、ビジネス交流会を定期的に開き、ヘンプ企業同士のマッチングサービス等を実施しています。

※ヘンプ(Hemp)とは、アサ科1年草の大麻草(Cannabis Sativa L.)の英語名であり、海外では、Industrial hemp(産業用ヘンプ)と呼ばれ、向精神作用をもつTHC(テトラヒドロカンナビノール)が0.3%未満の栽培品種のことをいう。主に衣料、食品、化粧品、建材、製紙、飼料、敷料、自動車内装材、医薬品、サプリメントなどの用途に利用されている。2016年にアメリカだけで688百万ドル(756億円)市場が創出され、2020年に18億ドル(1980億円)市場に拡大することが予測されています。

ページトップへ