MENU
カテゴリー
HHC 草の根 有識者会議

スペインの関係者は証拠に基づくルールを求めている

スペインの関係者は証拠に基づくルールを求めている

スペイン、セビリアで行われるExpocáñamoの会場となったFIBES(会議・展示センター)

スペインの関係者は証拠に基づくルールを求めている

5月11〜13日に開催されるExpocáñamoでは、継続的な大麻産業の発展のためにスペインの可能性を模索する予定です。

穏やかな気候、肥沃な土壌、そして長い栽培シーズンを持つスペインは、ヨーロッパにおいて大麻の栽培大国になる可能性を秘めています。

「研究者、農家、加工業者、他の起業家に感化され、大麻関連のビジネスを始める起業家が増えています。」とスペインの大麻産業界の顧問であり、開発者でもあるDana Agronomics社のヘスス・ディアス氏はヘンプトゥディに語りました。そして、スペインの消費者は一層大麻製品を購入しているとディアス氏は指摘します。

スペインの新興大麻業界への関心が高まるとともに、Expocáñamoにおいて大麻の栽培とその可能性に関する話題がますます比重を高めています。Expocáñamo は2018年5月11~13日に開催されるセビリアを拠点とした大麻の展示会およびフォーラムで、今年で4回目を迎えます。産業用大麻に関連する製品、食品、健康、織物、建設、新製品、収穫や加工用の機械についての展示やセミナーセッションが催される予定です。

目次

解決すべき課題

大麻産業の関係者によると、2018年度の予測では大麻の栽培面積は増加しているものの、建設資材や織物用に大麻を処理する設備は不足しているということです。また、ディアス氏によると、一部の業界ではCBD(カンナビジオール)の生産を検討している一方で、規制環境としては今のところCBDの生産に対しては、危険な動きであるとの見方をしています。

ディアス氏は「科学的および社会的な根拠に基づく完全な規制がなければ、世界の大麻市場の中で生き残ることは難しいでしょう。」と語ります。「当局、農家、栽培者、ユーザー、その他の代理店など、大麻とその産業の関係者に対して、教育と啓発のため莫大な努力をする必要があります。」

それでも、大麻製品のスペイン市場は拡大しています。特に、ヘンプシードから作った食品や、CBDや他のカンナビノイドが豊富な抽出物から作るサプリメントのマーケットは拡大傾向にあります。

スペインの長い伝統

大麻は何世紀も前からスペインの土壌に根付いており、その栽培を規制する法律がはるか昔に定められていました。大麻の栽培記録は、18世紀のカルロス3世の時代にまでさかのぼり、グラナダ地域とセグーラ地域の平野で行われていました。

ヨーロッパでは1990年代に大麻栽培が復活し、スペインの大麻畑は1998年に16,507ヘクタールにまで回復しました。しかし、2001年に欧州連合(EU)の補助金が打ち切られた後に、産業用大麻の栽培を続けてきた唯一の地域は、主に織物や種子の生産のために栽培されていたカタルーニャだけとなっていました。

参照:スペインの産業行用大麻に関して(Dana Agronomics社・ヘスス・ディアス氏)(HEMPTODAY 2018年1月8日)

関連記事:

  1. 元CIA長官がアメリカを拠点にしたオンラインセミナーに参加

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

AUTHORこの記事をかいた人

後藤 大輔のアバター 後藤 大輔 株式会社 Prossimo

株式会社 Prossimo 取締役。日本臨床カンナビノイド学会員。北海道ヘンプ協会(HIHA) 法人会員。

美容クリニックで専門医監修の下、CBDオイルを利用したアトピー性皮膚炎の治療を開始。1年間の観察結果からアレルギー数値と、症状の改善がきっかけで大麻の可能性を一人でも多くの方々に知ってもらいたいと思い立ち、編集局員として参加。

「HEMP TODAY JAPAN」を通じて、「世界の大麻産業」の真実を知ってもらう必要があると考えております。

そして、大麻へのマイナスイメージを払拭がされ、医療分野、産業分野問わず、大麻由来製品を誰でも簡単に低コストで利用できる環境を望んでいます。

2017年6月~青山エルクリニックモニター参加。
2018年5月「Hemp Food, Health & Beauty Summit」(HTセンター/ポーランド)。
2018年8月「中国 黒龍江省ヘンプ産業視察ツアー2018」参加。

目次
閉じる