MENU
カテゴリー
緊急開催!今注目の【大藪裁判】徹底解説

国際ヘンプ連盟(FIHO)が暫定理事会と野心的な使命(ミッション)を発表

 

目次

国際ヘンプ連盟(FIHO)のこれまでの動き

 

新たに創設されたヘンプの利害関係者グループの国際組織は、世界の業界を統合するという使命に着手する最初の会議を開催しました。

 

国際ヘンプ連盟(FIHO)は21317日に会合し、業界に影響を与える重要な問題に取り組むことを目的とした暫定理事会と計画された活動を明らかにしました。

 

会議中に発表された使命表明で、グループは「業界のリーダー、市場の専門知識、およびリソースを結集して、世界レベルでのヘンプの問題について1つの声で話し、持続可能なヘンプの生産、マーケティングを拡大する機会を特定して作成する」と述べました。 、そして世界のヘンプ産業、消費者、そして環境に利益をもたらすために取引します。」

 

参考記事

209月 世界各国のヘンプ協会が力をあわせて、「ヘンプは農作物であり、薬物ではない」と声を上げる。

https://hemptoday-japan.net/8935    

213月 国際標準化団体ASTMに世界のヘンプ団体が統一要望書を提出

https://hemptoday-japan.net/10636   

217月 国際ヘンプ機構(仮)創設に北海道ヘンプ協会(HIHA)が参加

https://hemptoday-japan.net/11336 特定された課題

 

特定された課題

 

FIHOは、ヘンプの生産、加工、マーケティング、貿易を促進すると述べました。情報共有を促進し、新たな業界の問題を特定します。ポジションペーパーを作成します。研究と基準の開発を調整します。ネットワーキングとアウトリーチに従事します。ヘンプ生産のための革新と技術を促進します。

 

製品とプロセスの基準、作物保護、および最大化学残留レベル、種子登録、およびヘンプの花と完成品の最大THC濃度の基準は、イニシアチブによって特定された多くの差し迫った問題の1つです。

 

「私たちは、ヘンプ産業が地球上のすべての人に繁栄するために必要な条件を提供し、包摂、多様性、社会的および環境的責任を促進するために取り組んでいます」と、カナダヘンプ貿易同盟の社長兼最高経営責任者であるテッド・ヘイニー(FIHO暫定理事会の長)は述べています。

主要機関とのインターフェース

 

主催者は217月にその意図を発表し、新しい連盟は世界の政府間機関の前でヘンプの利害関係者を代表し、1961年の国連麻薬単一条約から大麻草とヘンプの抽出物を取り除くことを第一の目的としています。

 

同グループは当時、世界保健機関、国連の麻薬委員会などの国際機関と連携する予定であると述べた。経済協力開発機構; 国連食糧農業機関(FAO)は、その機関のコーデックス委員会に関連する問題について、国際的に認められた食品生産と安全の基準を定めています。

 

FIHOはまた、環境問題に取り組み、国連環境計画と世界気象機関の下にある気候変動に関する政府間パネルの前でヘンプ産業を代表します。

 

暫定ボードの構成

暫定理事会に選出された役員の出身団体は次のとおりです。

 

暫定理事メンバー内訳

CHTA Canadian Hemp Trade Alliance  カナダヘンプ貿易連合 2

EIHA European Industrial Hemp Association ヨーロッパ産業用ヘンプ協会 2

NHA National Hemp Association  全米ヘンプ協会 2

CHA China Hemp Alliance 中国ヘンプ連合 2

THGA Texas Hemp Growers Association 米国テキサス州ヘンプ栽培者協会 1

LAIHA Latin American Industrial Hemp Association ラテンアメリカ産業用ヘンプ協会1

NIHC  National Industrial Hemp Council 全米産業用ヘンプ評議会 2

AIHA Australian Industrial Hemp Alliance オーストラリア産業用ヘンプ連合 1

UHA Uttarakhand Hemp Association インド・ウッターカーランドヘンプ協会 1

KHA Kentucky Hemp Association 米国ケンタッキー州ヘンプ協会 1

 

なお、国際ヘンプ連盟(FIHO)の正式な発足は、2211月を予定しています。

 

参照情報

https://hemptoday.net/international-hemp-federation-announces-interim-board-and-an-ambitious-mission/

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

AUTHORこの記事をかいた人

日本臨床カンナビノイド学会員。北海道ヘンプ協会(HIHA) 法人会員。

美容クリニックで専門医監修の下、CBDオイルを利用したアトピー性皮膚炎の治療を開始。1年間の観察結果からアレルギー数値と、症状の改善がきっかけで大麻の可能性を一人でも多くの方々に知ってもらいたいと思い立ち、編集局員として参加。

「HEMP TODAY JAPAN」を通じて、「世界の大麻産業」の真実を知ってもらう必要があると考えております。

そして、大麻へのマイナスイメージを払拭がされ、医療分野、産業分野問わず、大麻由来製品を誰でも簡単に低コストで利用できる環境を望んでいます。

2017年6月~青山エルクリニックモニター参加。
2018年5月「Hemp Food, Health & Beauty Summit」(HTセンター/ポーランド)。
2018年8月「中国 黒龍江省ヘンプ産業視察ツアー2018」参加。

目次
閉じる