MENU
カテゴリー
緊急開催!今注目の【大藪裁判】徹底解説

オーストラリアの関係者が会議の開催を決定

オーストラリアの関係者が会議の開催を決定

オーストラリアのヘンプ関係者が、初となるヘンプ会議の開催を決定しました。日時は2018年2月27日から3月2日にかけて、会場はサウスオーストラリア州ビクトリアのジーロングにある、リッジズ・ジーロング・ホテルの予定です。

 オーストラリアでは産業用大麻の市場が急速に拡大しています。2017年4月に、オーストラリアとニュージーランド両国が食品規制に関する2国間閣僚フォーラムを開催し、両国市場でのヘンプ食品の流通を認可しました。ヘンプシード (麻の実) が原料の食品は目下、食品として合法化への手続きが取られている最中です。

目次

 新しい産業用大麻の枠組み

 特にサウスオーストラリア州では、産業用大麻の新しい枠組みが設けられ、産業用大麻と医療用大麻を1つのポートフォリオとして合わせて扱うことで、オーストラリア企業に対し、食品、繊維、医療分野の垣根を越えて新しいビジネスチャンスが開かれることを狙いとしています。

ビクトリア産業用大麻協会アグリフューチャーズ・オーストラリアオーストラリア産業用大麻連合が、合同で「オーストラリア産業用大麻会議を開催する準備を現在進めています。この会議は半年ごとに開催され、海外からの参加者はもとより、オーストラリア国内のヘンプ企業が参加することになるといいます。

講演者募集中

この会議は生産者、研究者、加工業者、卸売業者が集うプラットフォームとなる予定です。今後の構想、主要課題、注目の話題、さらには、あらゆる種類の栽培、生産方法に関する最新の知見、産業用大麻を利用した製品のマーケティング法を提示し、それらについて議論する場を提供する、と主催者側は述べました。

会議を主催するグループでは、以下の内容について議論のできる講演者の候補を募集しています: 地域ごとの生産慣行、品種改良、新しい栽培品種、THC含有検査。水分、養分、雑草や害虫駆除の方法。収穫と初期段階の加工法。ヘンプ種子の貯蔵、加工作業、製品化。繊維の加工法と製品化。麻幹の加工法と製品化。講演内容レジュメの提出締め切りは2017年12月15日まで。

HEMPTODAY 2017年11月7日)

関連記事:

  1. オーストラリア会議、米国とカナダの講演者を招待
  2. NoCoヘンプ・エキスポにおける南アフリカ共和国、オーストラリア、モンゴルの業界関係者

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

AUTHORこの記事をかいた人

日本臨床カンナビノイド学会員。北海道ヘンプ協会(HIHA) 法人会員。

美容クリニックで専門医監修の下、CBDオイルを利用したアトピー性皮膚炎の治療を開始。1年間の観察結果からアレルギー数値と、症状の改善がきっかけで大麻の可能性を一人でも多くの方々に知ってもらいたいと思い立ち、編集局員として参加。

「HEMP TODAY JAPAN」を通じて、「世界の大麻産業」の真実を知ってもらう必要があると考えております。

そして、大麻へのマイナスイメージを払拭がされ、医療分野、産業分野問わず、大麻由来製品を誰でも簡単に低コストで利用できる環境を望んでいます。

2017年6月~青山エルクリニックモニター参加。
2018年5月「Hemp Food, Health & Beauty Summit」(HTセンター/ポーランド)。
2018年8月「中国 黒龍江省ヘンプ産業視察ツアー2018」参加。

目次
閉じる