MENU
カテゴリー
緊急開催!今注目の【大藪裁判】徹底解説

コロラド州が米国諸州を先導

コロラド州が米国諸州を先導

2017年アメリカのヘンプの耕地面積は19,500エーカー (約7,900ヘクタール) 以上した。その合計は2016年約10,000エーカーのほぼ2倍に上ります。この数字はロビー団体であるVote hempによるものです。

米国ではコロラド州が筆頭で、今年は7,500エーカーで収穫され、2016年の約6,000エーカーから増加していました。Vote Hempの報告によれば、ケンタッキー州が第二の栽培地で、3,000エーカーでしたが、2016年の2,525エーカーからはわずかしか増加していませんでした。

目次

政府の管理

アメリカ合衆国の各州では、州立大学と連携して政府が管理するライセンス制度のもとで機能しています。Vote Hempによると、今年19の州と32大学がヘンプの試験栽培に参加し、1,207件のライセンスが付与されました。

アメリカ合衆国の規制は国内のヘンプ生産を抑えているため、少なくとも短期的にはカナダ、ヨーロッパ、アジアのヘンプ製品の製造者にとって利益があります。特にヨーロッパのカンナビジオール製造業者は、急速に拡大する米国市場への供給に満足しています。だが一方で、米国産ヘンプ厳しく管理されている現状のため、アメリカの生産者と加工業者は他の成長中のヘンプ生産国が供給販売網と市場を構築し続けているのに対して遅れをとらされています

米国の大麻農業はヨーロッパに遅れをとる

ヨーロッパの大麻農家は昨年33,000ヘクタール (約74,000エーカー) もの大麻を植え、ますます多くの生産者が収穫物をカンナビジオール、食品、建築材料へと加工しています。ヨーロッパ連合とヨーロッパ内の連邦政府の一部は、農業支援を提供し、ヘンプに適用される様々な技術革新計画を通して、僻地の農村経済基金を利用できるようにしています

米国では「大多数の州はヘンプ栽培法を施行しており、この作物と、私たちの農業経済多角化しさらに持続可能なものにするという、その役割を明らかに支持している」とVote Hempは声明で述べていますが、しかし政府の監視はいまだ業界を拘束しています

連邦栽培法「不可欠

ヘンプ製品の拡大する世界市場に供給するための商業的ヘンプ栽培、連邦による完全な法的な権利を農家に与えるためには、産業大麻栽培法を議会に通過させることが不可欠だ」とVote Hempは述べています。この法律は、規制物質法による連邦マリフアナの定義から、THC(テトラヒドロカンナビノール0.3%以下の大麻品種を除外しています

コロラド州が米国諸州を先導HEMPTODAY 2017年11月4日)

関連記事:

  1. 米国発のヘンプポッドキャストがデビュー

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

AUTHORこの記事をかいた人

日本臨床カンナビノイド学会員。北海道ヘンプ協会(HIHA) 法人会員。

美容クリニックで専門医監修の下、CBDオイルを利用したアトピー性皮膚炎の治療を開始。1年間の観察結果からアレルギー数値と、症状の改善がきっかけで大麻の可能性を一人でも多くの方々に知ってもらいたいと思い立ち、編集局員として参加。

「HEMP TODAY JAPAN」を通じて、「世界の大麻産業」の真実を知ってもらう必要があると考えております。

そして、大麻へのマイナスイメージを払拭がされ、医療分野、産業分野問わず、大麻由来製品を誰でも簡単に低コストで利用できる環境を望んでいます。

2017年6月~青山エルクリニックモニター参加。
2018年5月「Hemp Food, Health & Beauty Summit」(HTセンター/ポーランド)。
2018年8月「中国 黒龍江省ヘンプ産業視察ツアー2018」参加。

目次
閉じる