MENU
カテゴリー
緊急開催!今注目の【大藪裁判】徹底解説

株価3倍の躍進、「全草利用」と「グローバル」戦略

画像

画像:引用元

以前、独占インタビューをお届けした、フィル・ワーナー氏が設立したオーストラリアの大麻企業EcofibreASX:EOF, 以下:エコファイバー)の株価が、この3月にオーストラリア証券取引所に上場して以来、200%上がりました

 

画像

 

ヒトやペット向けの栄養補助食品、局所クリーム、軟膏を製造し、ヘンプの複数の分野で活動している同社ですが、株価の上昇は、主に米国市場での栄養補助食品(CBDを含む)の堅調な売り上げによるものと述べました。

目次

ヘンプという植物全体、「全草利用」の戦略活動

画像

エコファイバーは、「全草利用」戦略に沿って活動している数少ない上場大麻企業の1です。

 

全草利用とは、ヘンプの持つ可能性を最大限に活かすため、文字通り植物全体から、それぞれの部位に適した用途に利用する事です。

 

米国ケンタッキー州の畑から生産された栄養補助食品に加えて、タスマニアで栽培された作物から採れた食品グレードのヘンプシード・オイル、プロテイン、およびヘンプシードを生産しています。

 

同地でのヘンプシードの生産高は、2018年には前年の110トンから、一年間で360トンへと3倍増しており、同社はその生産物をオーストラリア市場で販売しています。

機能性アパレルの新時代を切り開く一手

画像

エコファイバーは、ペンシルベニア州フィラデルフィアのトーマス・ジェファーソン大学の研究者と協力して、ヘンプをベースにしたハイテク繊維「ヘンプブラック」も開発しています。

 

同社はこの製品について「Hemp Blackのテクノロジーは、スマートで機能的なパフォーマンスアパレル、シューズ、ファッションの新時代を切り開いています。ヘンプバイオ製品をカーボン化することにより、インテリジェントで適応性があり、進化的である多くの高度な技術のロックを解除します。」と説明しています。

 

動画:引用元
ヘンプブラックは、ファッションだけでなく、ヘルスケア、バイオ複合材料および環境に優しい建築材料の分野で用途があるとエコファイバーは述べています。

株価3倍の躍進、実益は今年から上がる見込み

画像

同社は元々、3月のIPOを通じて1株当たり0.71ドル(AU $ 1、約75円)で1400万ドル(AU$2,000万、約14億円)を調達した後、21,800万ドル(3900万豪ドル、約231億円))の時価総額がありましたが、最近は$ 2.12AU $ 3、、約225円))の範囲で推移しています。

 

同社は過去2年間で614万ドル(870万豪ドル、約6.5億円)を失いましたが、2019年に損益分岐点に達し、来年には利益を上げると予想しています。

グローバルオペレーションの新形態

画像

以上のように、Ecofibre社は、オーストラリア企業でありながら、ヘンプ栽培はタスマニアとケンタッキーで行い、株式をオーストラリア市場で公開して、米国の投資家から資金を調達しています。

 

こうした、本社機能は自国内に置きながら、ヘンプの栽培などの実際のオペレーションを法的に問題無い国や地域で行う企業が出てきている事は、この産業が本当の意味でグローバル化している事を示しています。

 

これからの日本の大麻ビジネスマンも、世界で最も遅れた大麻規制を敷いている日本を「ひとつの市場」として捉え、海外のグリーンラッシュに乗るのも一つの戦略と言えるでしょう。

 

引用元:https://hemptoday.net/ecofibre-stock-rise/

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

AUTHORこの記事をかいた人

日本臨床カンナビノイド学会員。北海道ヘンプ協会(HIHA) 法人会員。

美容クリニックで専門医監修の下、CBDオイルを利用したアトピー性皮膚炎の治療を開始。1年間の観察結果からアレルギー数値と、症状の改善がきっかけで大麻の可能性を一人でも多くの方々に知ってもらいたいと思い立ち、編集局員として参加。

「HEMP TODAY JAPAN」を通じて、「世界の大麻産業」の真実を知ってもらう必要があると考えております。

そして、大麻へのマイナスイメージを払拭がされ、医療分野、産業分野問わず、大麻由来製品を誰でも簡単に低コストで利用できる環境を望んでいます。

2017年6月~青山エルクリニックモニター参加。
2018年5月「Hemp Food, Health & Beauty Summit」(HTセンター/ポーランド)。
2018年8月「中国 黒龍江省ヘンプ産業視察ツアー2018」参加。

目次
閉じる