MENU
カテゴリー
緊急開催!今注目の【大藪裁判】徹底解説

どこでもCBD時代へ、新たな形態のCBD製品が登場

画像

画像:引用元

2年前には、薄い濃度のCBDオイルばかりが流通していた日本のCBD市場ですが、現在では高濃度なCBDオイルも手に入るようになり、オイルだけでなく、アイソレート(クリスタルおよびパウダー)、ワックス、ヴェイプ、ガム、グミ、クリーム、スプレー、化粧品など多様な製品が購入可能になりました。

 

また海外では、他にも湿布、飲料やチョコレート、そしてディスペンサリー(大麻薬局)に行けば、ブラウニーやマフィンなどの多様なエディブルが購入できます。

 

今回は、そんなヴァリエーションに、新たなジャンルを築くかもしれない製品の紹介です。

目次

どんな飲み物にも入れるだけでCBD

画像

画像:引用元

Lexaria Corp社(※こちらの会社は、先日のレポートで紹介しましたマルボロの会社、アルトリア社から約12億円の出資を受けている会社です)の、新製品、ChrgD+は、ホットでもアイスでも、どんな飲み物にも入れるだけでCBD飲料にしてしまう、非常に手軽な水溶性CBDパウダーです。

 

画像

画像:引用元

一箱につき6本に小分けされた各パッケージには、20mgCBDが含まれています。このCBDは、Lexarias社によって特許取得済みのDehydraTECHという技術によって、一般的なCBD3~5倍の吸収効率になっているといいます。

 

つまり、ChrgD+は一包で一般的なCBD製品60mg100mg程度の効果が期待出来るという事です。

驚異的な安さ・・・

6包入って$17.99(約1,910円)なので、一包あたり約$3(約318円)となります。

 

 

CBD60mgを318円で摂取可能という計算になります。

 

 

これは日本で販売されているCBDの単価の約4分の115/mg換算で)ほどとなり、驚異的な安さ示してます。

 

 

CBDパウダーChrgD +はマルチスペクトラム・ヘンプオイルを原料に使用しています。

 

これは、CBDだけでなく他のカンナビノイドなど多くの成分を含んでおり、単離された純粋なCBDを使用した製品では得ることの出来ない「アントラージュ・エフェクト」と呼ばれる、各成分の相乗効果を可能にするものです。

CBDパウダーChrgD +のメリット

画像

画像:引用元

ChrgD +は、特許取得済みのプロセスを利用して、特定の脂肪酸または脂質とともに、最高級のフルスペクトルのヘンプオイルから有効成分を注入します。そうすることで、いくつかの重要な利点が実現します。

 

第一に、他の物質と結合しているため、生のヘンプオイルの持つ強い味と匂いが抑えられていることです。

 

第二に、脂質は生物学的利用能が高いため、体内への有効成分のより迅速かつ効果的な吸収につながると考えられています。

 

これまでに同社は、これを評価するために一連の実験および臨床研究を行ってきました。

 

第三に、サードパーティ(in vitro)の実験では、同社の技術が用いられていない場合と比較して、人間の腸組織におけるカンナビノイドの透過性を499%増加させることが示されました。

 

第四として、さらに、ヒトにおけるバイオマーカー研究により、同社の技術が体内のCBD代用物のレベルを35倍増加させ、この作用が僅か15分で始まることが示されました。

 

最後に、1袋あたりわずか2グラムで、シャツのポケットや財布に数食分のCBDを入れることができます。

 

画像

画像:引用元

暖かい日にも溶けたりせず、冷蔵の必要もありません。あらゆる飲み物にいつでもどこでも追加できるため、今日市場に出回っているCBD製品の中で最も汎用性があると、同社は述べています。

 

*免責:以上の記事は、販売元の製品情報を翻訳・要約したものであり、HTJは、その効果・効能などを保証いたしません。また当該企業とHTJは、何ら利害関係にありません。

 

引用元:https://chrgd.life/science/

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

AUTHORこの記事をかいた人

Yosuke Kogaのアバター Yosuke Koga HTJ 編集長

1996年カリフォルニアで初の医療大麻が解禁。その5年後に現地へ移住し、医療大麻の家庭栽培、薬局への販売などの現場や、それを巡る法律や行政、そして難病、疾患に対し医療大麻を治療に使う患者さん達を「現場」で数多く見てきた、医療大麻のスペシャリスト。

10年間サンフランシスコに在住後、帰国し、医療機関でCBDオイルの啓蒙、販売に従事し、HTJのアドバイザー兼ライターとして参画。グリーンラッシュを黎明期から見続けてきた生き証人。

目次
閉じる