MENU
カテゴリー
緊急開催!今注目の【大藪裁判】徹底解説

NoCoに国際ヘンプビレッジが再来

NoCoに国際ヘンプビレッジが再来

ヘンプトゥデーがNoCoヘンプエキスポに参入して2年目となる今回、特別国際部門としヘンプの見本市や会議を行う国際ヘンプビレッジをコロラド州のラブランドに設立しました。NoCoは、世界最大のヘンプに特化したイベントで、2018年4月6日〜7日に開催されます。

ヘンプトゥデーの編集兼発行者であるカート・レイハーは次のように話しています。「動きの大きい北米市場に向けて、国際企業が製品やサービス、技術などを発表するのに、NoCoは絶好の機会です。米国におけるヘンプ関連事業のリーダーからは科学、技術、研究開発の面であらゆる種類の支援が必要だと話を聞いています。また米国では様々な種類のヘンプ製品に対して需要が急速に拡大しているにも関わらず、それが全く話題になっていません。」

目次

小規模生産者向けの「ブティック」

 

NoCoに国際ヘンプビレッジが再来ヘンプトゥデでは、国際ヘンプビレッジの展示スペースに対して海外からの予約も受け付けており、出品者や出展者をサポートするために紙媒体の広告も特別に用意しています。ヘンプブティックにおける期間限定の店舗は、小規模の生産者が自身の製品や、新しいアイディアを手頃な値段で外部にアピールする良い機会となるでしょう。

地元コロラドからはタイニー・ヘンプ・ハウスヘンプ・ロード・トリップツリー・フリー・ヘンプが、米国内の他の地域からはソース・ヘンプ(ノースカロライナ州)、ハイランド・ヘンプ・ハウス(ワシントン州)が国際ヘンプビレッジのスポンサーになっています。米国外からはヘンプ・トレードヘンプ・イベントヘンポイント(チェコ共和国)がスポンサーとなっています。(HEMPTODAY 2017年12月19日)

参加申し込みはこちらから|イベント情報のダウンロード

関連記事:

  1. 世界の大麻専門家がアテネに集結

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

AUTHORこの記事をかいた人

日本臨床カンナビノイド学会員。北海道ヘンプ協会(HIHA) 法人会員。

美容クリニックで専門医監修の下、CBDオイルを利用したアトピー性皮膚炎の治療を開始。1年間の観察結果からアレルギー数値と、症状の改善がきっかけで大麻の可能性を一人でも多くの方々に知ってもらいたいと思い立ち、編集局員として参加。

「HEMP TODAY JAPAN」を通じて、「世界の大麻産業」の真実を知ってもらう必要があると考えております。

そして、大麻へのマイナスイメージを払拭がされ、医療分野、産業分野問わず、大麻由来製品を誰でも簡単に低コストで利用できる環境を望んでいます。

2017年6月~青山エルクリニックモニター参加。
2018年5月「Hemp Food, Health & Beauty Summit」(HTセンター/ポーランド)。
2018年8月「中国 黒龍江省ヘンプ産業視察ツアー2018」参加。

目次
閉じる