MENU
カテゴリー
緊急開催!今注目の【大藪裁判】徹底解説

歴史的瞬間:アメリカがヘンプ(産業用大麻)を合法化

歴史的瞬間:アメリカがヘンプを合法化

2018年12月20日、トランプ大統領は、ヘンプ(産業用大麻)を麻薬指定から除外し、監督官庁を麻薬取締局から農務省へ移し、他の農作物と同じ扱いとする「2018年農業法案」にサインしました。ついに80年にわたる無意味な取締から、ヘンプは来年1月に解放されることになりました。

この法制化により、これまで連邦法の壁に阻まれてきた、銀行や保険および政府の助成金への申請など、一般のビジネスとして必要な動きが可能になるため、今後、これを受けてアメリカ全土でヘンプの栽培や加工、そして派生製品の開発や販売が活発化するとみられています。(HEMPTODAY 2018年12月20日)

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

AUTHORこの記事をかいた人

日本臨床カンナビノイド学会員。北海道ヘンプ協会(HIHA) 法人会員。

美容クリニックで専門医監修の下、CBDオイルを利用したアトピー性皮膚炎の治療を開始。1年間の観察結果からアレルギー数値と、症状の改善がきっかけで大麻の可能性を一人でも多くの方々に知ってもらいたいと思い立ち、編集局員として参加。

「HEMP TODAY JAPAN」を通じて、「世界の大麻産業」の真実を知ってもらう必要があると考えております。

そして、大麻へのマイナスイメージを払拭がされ、医療分野、産業分野問わず、大麻由来製品を誰でも簡単に低コストで利用できる環境を望んでいます。

2017年6月~青山エルクリニックモニター参加。
2018年5月「Hemp Food, Health & Beauty Summit」(HTセンター/ポーランド)。
2018年8月「中国 黒龍江省ヘンプ産業視察ツアー2018」参加。

目次
閉じる