MENU
カテゴリー
緊急開催!今注目の【大藪裁判】徹底解説

「ルーツ社」 オーストラリア証券取引所に上場

「ルーツ社」 オーストラリア証券取引所に上場

イスラエルの大麻関連事業の起業家であるボアズ・ワクテル氏は、ルーツ・サステイナブル・アグリカルチュラル・テクノロジー(ASX:ROOTS)をオーストラリア証券取引所(ASX)に上場させました。共同設立者のワクテル氏は、同社の経営コンサルタントおよび執行取締役を務めています。ワクテル氏がオーストラリア証券取引所に上場させた会社はこれが3社目となり、過去にはオーストラリアで医療大麻企業として初めて上場したMMJファイトテックを2015年に、栄養補助食品メーカーであるクレソファーマを2016年に上場させています。

「温室や野外での栽培に広く適用可能なこの技術は、私の大麻産業に寄せる関心の中心です」とワクテル氏は述べました。イスラエルのKfar Netterに本拠を置くルーツ社は、厳しい気象条件の下で、送電網や送水網から独立した水と電気の供給の元で植物の収量と品​​質を向上させる技術特許を保有しています。

ルーツ社は上場初期に500万ドルを調達しており、MMJ ファイトテックは9,300万ドル、クレソファーマは5,700万ドルの市場価値をつけています。(HEMPTODAY 2017年12月14日)

関連記事:

  1. エリクシノールがオーストラリア証券取引所に上場
  2. オーストラリアの関係者が会議の開催を決定

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

AUTHORこの記事をかいた人

日本臨床カンナビノイド学会員。北海道ヘンプ協会(HIHA) 法人会員。

美容クリニックで専門医監修の下、CBDオイルを利用したアトピー性皮膚炎の治療を開始。1年間の観察結果からアレルギー数値と、症状の改善がきっかけで大麻の可能性を一人でも多くの方々に知ってもらいたいと思い立ち、編集局員として参加。

「HEMP TODAY JAPAN」を通じて、「世界の大麻産業」の真実を知ってもらう必要があると考えております。

そして、大麻へのマイナスイメージを払拭がされ、医療分野、産業分野問わず、大麻由来製品を誰でも簡単に低コストで利用できる環境を望んでいます。

2017年6月~青山エルクリニックモニター参加。
2018年5月「Hemp Food, Health & Beauty Summit」(HTセンター/ポーランド)。
2018年8月「中国 黒龍江省ヘンプ産業視察ツアー2018」参加。

目次
閉じる