米国人夫婦がコロラド州の小さな町にヘンプ研究施設を建設

米国人夫婦がコロラド州の小さな町にヘンプ研究施設を建設
ジョン・ライオンズ氏とジョディ・ライオンズ氏: ヘンプと馬に情熱

米国コロラド州に住む夫婦が、米国で初となる機能性食品及び医療大麻の研究・治療施設を建設と話しています

元騎手のジョン・ライオンズ、その妻で公認看護師のジョディは3年前、彼らが所有する70エーカーの牧場にコロラド・ヘンプ研究所(CHI)を建設し始めました。この施設には現在、数カ所の屋内栽培場と会社オフィスがあり、研究施設が建設中です

野心的な拡張計画

ライオンズ夫妻はさらに、検査施設とCBD(カンナビジオール)オイル抽出施設、食品製造工場、医療研究施設、医師駐在会社スタッフオフィス、日帰り温泉、さらには施設内レストランに食材を提供するオーガニック食品栽培にまで拡大する計画です。また、この計画の中には、ヘンプ特産品の小売店や、介護付高齢者用集合住宅、終末医療センターが含まれています

夫妻は現在、民間企業、研究者、医師、投資家と戦略的な協力・提携を進めることに集中していると話しています

有名な騎手

ジョン・ライオンズこれまで、馬術指導者として40年間勤め、雑誌を発行し、また、米国の地域情報チャンネルRFD-TVの番組『My Perfect Horse』を制作しました

昨年、ライオンズ夫妻はコロラド州パラシュートにある広大な馬の牧場を売却し、退職する予定でしたが、土地に興味を示したある買主がきっかけで、ヘンプ及びCBD事業に目を向けるようになりました展示会に参加した事で二人は刺激を受け、牧場をそのまま維持しヘンプ事業への転換を決断しました。

CBDについての教育

私たちは長い間、いろいろな方法で人々を支援してきました。そして、それがしっくりくると感じていました」とジョディ・ライオンズはCBDベンチャー参入について語った。CHIは、ヘンプが提供する健康効果について大衆に教育支援をすることが目的です

「人々が健康維持・医療にCBDオイルを使わない理由は、それを理解していないからです。CBDオイルについて全く知識がないのです」とジョン・ライオンズは語りました

施設は現在、社内カンナビノイド治療専門家とのカウンセリングを提供している。また、独自のクローン苗、種子、CBD配合商品を販売・流通させています

HEMPTODAY 2018年3月9日)

関連記事:

  1. コロラド州の法律事務所がテレビ広告で全国に
まだコメントはありません

返信を残す

Your email address will not be published.

ヘンプトゥデイジャパンでは、 消費者向け(BtoC)ではなく、企業対企業(BtoB)をターゲットにして、 グローバルな展開が急速に進むヘンプ産業のイノベーションをサポートすることを目的にしています。

FOLLOW US ON