MENU
カテゴリー
HHC 草の根 有識者会議

カナダ企業が米国当局からの安全認証を求める

カナダ企業、合衆国当局からの「GRAS」指定を求める

カナダのヘンプ生産企業マニトバ・ハーベストとその子会社ヘンプオイル・カナダは、「GRAS (Generally Recognized As Safe – 一般に安全と認められるの意)」認証をアメリカ食品医薬品局(FDA)から取得するための申請を行ったと発表しました

マニトバ・ハーベストは世界最大のヘンプ食品製造会社のひとつです。同社は、原料供給会社のヘンプ・オイル・カナダ社を2015年に買収しました。

目次

ヘンプ食品安全性の認証

GRAS認証を得ると、その食品は安全とみなされ、食品、化粧品、薬品を管理する合衆国連邦規則の適用から免除されます。「この指定を受けることにより、ヘンプ食品企業、ヘンプ原料取り扱い業者、量産食品サービスのバイヤーへの障壁が解除される」と、両社は報道発表内で述べています。

「これは、ヘンプ食品産業全体にとっての節目になる」と、マニトバ・ハーベスト社CEOのビル・チアソン氏は言います。同社はBRC (British Retail Consortium – 英小売協会) の基準認証も取得していると説明しました

ヘンプの使用は急速に拡大しています。急成長中の高級食品企業にむけて需要のある原料というだけではなく、より天然で高栄養価の製品への消費者の需要に対応するため加工製品を製造する大規模な多国籍企業群が求めている原料でもあります。」と、両社は指摘しました

プロテインパウダー新製品の発表

「今は、マニトバ・ハーベスト社にとって非常にエキサイティングな時期です。ヘンプシード、これからメインストリームに攻め込もうとしている眠れる巨人です。そして私たちは、このあたらしいトレンドに非常に興奮しています」と、マニトバ・ハーベスト社創業者のマイク・ファータ氏は語りました

FDAへの申請は、ちかごろ開催されたナチュラル・プロダクツ・エキスポ・ウエストで発表されました。同エキスポ期間中に、マニトバ・ハーベスト社は新製品「Hemp Yeah! プラント・プロテイン・ブレンド」の初公開も行いました。この製品は2018年夏に小売店に流通する予定で。この製品は、ヴィーガン、オーガニック、そしてコーシャーの認証を受けており、且つステビア不使用、乳製品不使用、遺伝子組み換え作物不使用として認証されています

同社は、韓国市場の縮小によるカナダ産ヘンプシードの供給過多への強い懸念により2017年に生産農場を縮小したことを2018年02月に公表しました。同社にれば、農場耕作面積の削減により、現在は管理可能なレベルに落ち着いたといいます

マニトバ・ハーベスト社の製品は22の国で販売され、アメリカ合衆国とカナダ内では13,000の小売店で扱われています。同社はヘンプオイル・カナダのブランドで、天然由来のオーガニックな大麻種子を処理し、皮むきヘンプシードヘンプオイル、ヘンププロテイン、加熱処理ヘンプシード、粗引ヘンプパウダーとして販売しています

HEMPTODAY 2018年03月10日)

関連記事:

  1. 関係者がカナダの大麻種子の過剰供給について見解を示す
  2. カナダ企業がスイスのCBD事業買収へ

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

AUTHORこの記事をかいた人

後藤 大輔のアバター 後藤 大輔 株式会社 Prossimo

株式会社 Prossimo 取締役。日本臨床カンナビノイド学会員。北海道ヘンプ協会(HIHA) 法人会員。

美容クリニックで専門医監修の下、CBDオイルを利用したアトピー性皮膚炎の治療を開始。1年間の観察結果からアレルギー数値と、症状の改善がきっかけで大麻の可能性を一人でも多くの方々に知ってもらいたいと思い立ち、編集局員として参加。

「HEMP TODAY JAPAN」を通じて、「世界の大麻産業」の真実を知ってもらう必要があると考えております。

そして、大麻へのマイナスイメージを払拭がされ、医療分野、産業分野問わず、大麻由来製品を誰でも簡単に低コストで利用できる環境を望んでいます。

2017年6月~青山エルクリニックモニター参加。
2018年5月「Hemp Food, Health & Beauty Summit」(HTセンター/ポーランド)。
2018年8月「中国 黒龍江省ヘンプ産業視察ツアー2018」参加。

目次
閉じる