MENU
カテゴリー
緊急開催!今注目の【大藪裁判】徹底解説

カナダのMaricann社がスイスのCBD企業Haxxon AGを9.3億円で買収発表

 

カナダのMaricann社がスイスのCBD企業Haxxon-AGを9.3億円で買収発表

カナダのオンタリオ州に拠点を置く医療用大麻の製造業者Maricannは、スイスのヘンプ栽培・加工業者でCBDを専門に扱うHaxxon AGを850万ドルで買収すると発表しました。Haxxonは、チューリッヒ近郊のレーゲンスドルフに60,000平方フィートの施設を保有しています。Maricannの発表では、同社は210万ドルを現金で、残りは株式で支払うことになっています。「この契約が3月末までに纏まることを期待している」同社は語りました。Haxxonは、ベープ(電子タバコ)カートリッジや「ノバコ」と呼ばれるヘンプタバコといったヘンプCBD製品を製造しています。Maricannは、カナダ証券取引所に上場しています

目次

ケンタッキー州の大麻複合施設に500万ドルの投資

ケンタッキー州の企業であるAgTech Scientificは、ヘンプ製品の開発および製造のために500万ドルを投資して、50,000平方フィートの複合施設を新たに作ることを発表しました。AgTechは、ケンタッキー州パリスにあるバーボン郡ビジネスパークに10エーカーの土地を購入し、さらに追加で10エーカーの土地を取得する予定になっていると、マット・ベビン同州知事は近ごろ発表しました。この事業によって、270名の労働者が雇用されることが期待されています。AgTechでは、ケンタッキー州の農場主や他のパートナーを交え、ケンタッキー大学との研究に取り組んでいます

Cool Hempのコーヒーが米国で発売

カナダの大麻コーヒー製造業者であるCool Hempは、Amazonの小売業者を通じて、米国内でプレミアム・ヘンプ・アラビカ・コーヒーの販売を開始しました。13オンス (369g) 缶のオーガニックかつグルテンフリーの合法なドリップ用コーヒーは、15.99ドル前後で売られています。オンタリオ州のコーンウォールに拠点を置くCool Hempは1996年の設立で、カナダで最も古いヘンプ食品企業のひとつとなっています

(HEMPTODAY 2018年1月30日)

関連記事:

  1. 関係者がカナダの大麻種子の過剰供給について見解を示す
  2. カナダ企業が米国でCBD生産向け栽培

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

AUTHORこの記事をかいた人

日本臨床カンナビノイド学会員。北海道ヘンプ協会(HIHA) 法人会員。

美容クリニックで専門医監修の下、CBDオイルを利用したアトピー性皮膚炎の治療を開始。1年間の観察結果からアレルギー数値と、症状の改善がきっかけで大麻の可能性を一人でも多くの方々に知ってもらいたいと思い立ち、編集局員として参加。

「HEMP TODAY JAPAN」を通じて、「世界の大麻産業」の真実を知ってもらう必要があると考えております。

そして、大麻へのマイナスイメージを払拭がされ、医療分野、産業分野問わず、大麻由来製品を誰でも簡単に低コストで利用できる環境を望んでいます。

2017年6月~青山エルクリニックモニター参加。
2018年5月「Hemp Food, Health & Beauty Summit」(HTセンター/ポーランド)。
2018年8月「中国 黒龍江省ヘンプ産業視察ツアー2018」参加。

目次
閉じる