MENU
カテゴリー
HHC 草の根 有識者会議

ウィーンで開催予定のカンナビス会議がキャンセル

ウィーンで開催予定のカンナビス会議がキャンセル

ウィーンで5月に予定されていたカンナビス会議がキャンセルされ、払い戻し待ちの人が残されています。

ウィーンに本拠を置くICACO (国際大麻会議)の委員長、デービッド・ロッセ氏が会議のWEBサイトに投稿日不詳で記載しているものによると、昨年末にイベントの主要なスポンサーを失ったことが「予期せぬ技術的および財政的な状況」の1つであり、2018年5月に予定されていたイベントのキャンセルにつながったということです。昨年11月に配布されたプロモーション資料では、主なスポンサーとしてLeafly(カンナビスを専門に扱うオンラインジャーナル)が挙げられていました。

目次

 延期、その後キャンセルへ

 この会議は、もともと2017年9月に予定されていましたが、5月に予定変更され、この度、完全にキャンセルされました。

ICACOでは70名の講演者を揃えており、その中には著名なラファエル・メクラーム教授(イスラエル)、伝説の米国大麻運動家であり起業家であるスティーブ・ディアンジェロ氏、MJビズ・ディリー誌(米国)のクリス・ウォルシュ氏、そしてティルレイ社(カナダ)のキャサリン・ヤコブソン氏が名を連ねていました。

「ヨーロッパ最大のB2Bカンナビス博覧会」と名付けられたこの会議の出席者は1,500人にのぼる見込みでした。オーストリア・センター・ウィーンで開催される予定で、ICACO通信ではスポンサーとして主要なヨーロッパ企業が挙げられていました。

 払い戻し待ち

 ロッセ氏の声明によると、おそらく1月上旬から数日で払い戻しが行われるとのことで、彼の電子メールアドレス(d.rosse@cannabis-conference.com)が記載されていました。しかし、ある登録者は事務局へ連絡したが何も進展がないと失望しています。その登録者は「参加費だけではなく、航空券やホテルにもお金がかかっていますが、全て無駄になりました」と、ヘンプトゥディに語ってくれました。「一連の対応は、とてもプロフェッショナルだとは思えません。大麻業界に対しても悪影響を及ぼすでしょう」

ヘンプトゥディは、メールと電話でロッセ氏に連絡を試みましたが、いまだ反応はありません。HEMPTODAY 2018年2月15日)

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

AUTHORこの記事をかいた人

後藤 大輔のアバター 後藤 大輔 株式会社 Prossimo

株式会社 Prossimo 取締役。日本臨床カンナビノイド学会員。北海道ヘンプ協会(HIHA) 法人会員。

美容クリニックで専門医監修の下、CBDオイルを利用したアトピー性皮膚炎の治療を開始。1年間の観察結果からアレルギー数値と、症状の改善がきっかけで大麻の可能性を一人でも多くの方々に知ってもらいたいと思い立ち、編集局員として参加。

「HEMP TODAY JAPAN」を通じて、「世界の大麻産業」の真実を知ってもらう必要があると考えております。

そして、大麻へのマイナスイメージを払拭がされ、医療分野、産業分野問わず、大麻由来製品を誰でも簡単に低コストで利用できる環境を望んでいます。

2017年6月~青山エルクリニックモニター参加。
2018年5月「Hemp Food, Health & Beauty Summit」(HTセンター/ポーランド)。
2018年8月「中国 黒龍江省ヘンプ産業視察ツアー2018」参加。

目次
閉じる