MENU
カテゴリー
緊急開催!今注目の【大藪裁判】徹底解説

オーストラリア会議、米国とカナダの講演者を招待

オーストラリア会議、米国とカナダの講演者を招待

南オーストラリアのビクトリア州ジーロングで、2018年2月27日から3月2日に開催。

オーストラリア会議、米国とカナダの講演者を招待

ジェリー・チャーニー博士

南オーストラリアのビクトリア州ジーロングにあるリッジス・ジーロング・ホテルで、2018年2月27日から3月2日に開催されるオーストラリア産業用大麻会議の期間中、コーネル大学(米国)のジェリー・チャーニー氏が主要講演をおこないます。

チャーニー氏は『北米産業用大麻:その生産・政策・可能性』(アグロノミー、2016年)の共同執筆者です。彼は飼料、穀物、そして幾つかの新しい作物について調査をおこなってきました。チャーニー氏は、コーネル大学統合植物科学部のE.V.ベーカー農学教授です。

会議では、多数の講演者から国際的な見識がもたらされ、世界各国とオーストラリアで急成長する大麻のバリューチェーンのあらゆる側面に目が向けられるでしょう。この会議は、生産者・研究者・加工業者・末端のバイヤーや投資家などに向けて企画されたものです。

現時点で確定している他の講演者は、ルーベン・ストーン氏(カナダ・オンタリオ州ストーン農園の大麻生産者)、ジャン・スラスキー氏(カナダ・アルバータ州イノテック社の大麻農学者)、マヘンドラ・チマナガリ氏(カナダ・オンタリオ州農業食品農林省のバイオおよび固体燃料専門家)、デイビッド・ウィリアムズ氏(米国ケンタッキー大学の農学者)、そしてマーク・レインダー氏(欧州産業用大麻協会会長兼オランダ・ヘンプフラックス社)です。HEMPTODAY 2017年12月5日)

関連記事:

  1. オーストラリアの関係者が会議の開催を決定

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

AUTHORこの記事をかいた人

日本臨床カンナビノイド学会員。北海道ヘンプ協会(HIHA) 法人会員。

美容クリニックで専門医監修の下、CBDオイルを利用したアトピー性皮膚炎の治療を開始。1年間の観察結果からアレルギー数値と、症状の改善がきっかけで大麻の可能性を一人でも多くの方々に知ってもらいたいと思い立ち、編集局員として参加。

「HEMP TODAY JAPAN」を通じて、「世界の大麻産業」の真実を知ってもらう必要があると考えております。

そして、大麻へのマイナスイメージを払拭がされ、医療分野、産業分野問わず、大麻由来製品を誰でも簡単に低コストで利用できる環境を望んでいます。

2017年6月~青山エルクリニックモニター参加。
2018年5月「Hemp Food, Health & Beauty Summit」(HTセンター/ポーランド)。
2018年8月「中国 黒龍江省ヘンプ産業視察ツアー2018」参加。

目次
閉じる