MENU
カテゴリー
HHC 草の根 有識者会議

スペインのヘンプ開発プロジェクトは、警官の教育から始まる

画像

目次

警察機関への指導

スペイン西部のエストレマドゥーラ州では、ヘンプ産業の発展に向けた取り組みとして、警察への呼び掛けから始めたといいます。

 

今週初め、National Agrifood Technological Center(CTAEX)が開催したヘンプ産業に関するセッションには、スペインの様々な警察機関の代表者約100名が参加し、「法整備が不十分な中で基準を設ける」、これはつまり警察を教育することを目的として行なわれました。

 

CTAEXは、ヨーロッパで広く見られる根本的な問題に取り組んでいる組織です。

 

多くの警察機関は、産業用ヘンプとマリファナの違いを理解しておらず、しばしば不当な家宅捜索や違法逮捕につながっているケースがある為、それらを是正するための取り組みを行なっています。

 

EUの目標を達成することにも

エストレマドゥーラ州政府代表のYolanda García Seco氏は、「ヘンプはエストレマドゥーラにとって、合法の新たな事業を創出する非常に重要な作物です。しかし、この作物を数年内に定着させるためには課題もあるのです。」と述べました。

 

昨年スタートしたばかりの産業用ヘンプのプロジェクト『Hemp Technology Pole』は、CTAEXが掲げる6つの重要な取り組みの1つです。

 

CTAEXによれば、この取り組みによって、欧州のグリーンディールの重要な要素である欧州農産食品セクターの『Field to Table Strategy』戦略の目標を達成するといいます。

 

また、CTAEXとパートナーであるBhalutek Hemp社によると、このプロジェクトは産業用ヘンプのイノベーションと、ハブとしての役割を目的としており、ヘンプの開発と包括的な利用を促進し、農業関連企業に栽培と加工の技術を提供します。

 

特別な可能性がある

Yolanda García Seco氏は、「この作物の発展には非常に大きな可能性があります。それは国家としては尚更です。何故ならスペインには、土壌や気候の特徴から、理想的な条件が揃っており、特別な可能性を秘めているのです」と述べています。

 

CTAEXによると『Hemp Technology Pole 』プロジェクトは、官民の新規事業を促進し、メンバー間でノウハウを共有し、研究を推進するとともに、科学者、技術者、農家、そして警察に対してトレーニングや学習の機会を提供するとのことです。

 

CTAEXは、スペインのBadajoz市に本拠地を置く、農業・食品セクターを支援する民間の非営利研究開発センターで、スペインの国家レベルでの研究開発プロジェクトも手掛けるなど、高い専門性を有しています。

 

 

HTJ

正しいヘンプの知識を、民間組織が警察機関に「教育」するというこの斬新な取り組みは、揶揄では無く真剣に、日本の行政機関へも必要だと感じます。

 

引用元;https://hemptoday.net/spanish-hemp-tech-project-begins-with-basics-calling-the-cops/

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

AUTHORこの記事をかいた人

HTJ編集部ライター NORI

海と自然をこよなく愛するヘンプオタク。
ヘンプの素晴らしさを多くの人に知ってもらう為、HTJにライターとして参画。
不動産業界、福祉業界、オーガニック業界などでキャリアを積み、現在はフリーランスとして活動中。

健康への関心が高く、以前はヴィーガンで、現在はペスコベジタリアン。

趣味はサーフィン、WAVEウィンドサーフィン、スノーボードなどのExtremeスポーツと、海外ドラマの深夜イッキ見。

目次
閉じる