MENU
カテゴリー
緊急開催!今注目の【大藪裁判】徹底解説

ヘンプを経済の牽引役に据えた法案がシシリー議会へ

画像

画像:引用元

 

 

シチリアでは、地元の利害関係者が食品や化粧品、医薬品、生分解性原料など、その他さまざまな産業セクター向けの製品開発を構想していることを受け、シチリア地方議会(ARS)のメンバーが、ヘンプ栽培及び製品生産拡大を目的とした法案を提出しました。

 

 

この法案の発起人であるジョルジオ・アッセンツァ議員は、CanapaIndustriale.itの取材で「今日の農業には、消費者から発信された新たなニーズから生じる、新たな役割があります。ヘンプは私たちの地域の農業の未来の大部分です」と語りました。

 

 

目次

復活

画像

画像:引用元

 

 

産業関係者は、この法案を歓迎しています。

 

 

ラグーザを拠点とする化粧品、医薬品、栄養補助食品の生産者であるCanapar Corp.のセルジオ・マルティネスCEOは、「これがシチリアの農業復活の始まりを示しています」と述べました。

 

 

アッセンツァ議員は、シチリアでヘンプ産業が成長すれば、島全体で最大10,000人に雇用を提供できると示唆しました。

 

 

同地は、海岸線や渓谷の土壌および気候条件がヘンプの栽培に非常に適しているからです。

 

 

「ヨーロッパの中心」

画像

画像:引用元

 

 

マルティネス氏によれば、この法案は、他のヨーロッパの大麻産業に対して、シチリアの優位性を生み出す可能性を提供すると言います。

 

 

「私たちはこの地域が、ヘンプ産業改革におけるヨーロッパの中心になることを望んでいます。この法案のおかげで、私たちは国際市場に向けてさらに門戸を開放し、シチリアでの栽培に取り組むことができるのです。」と述べました。

 

 

記事:引用元

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

AUTHORこの記事をかいた人

Yosuke Kogaのアバター Yosuke Koga HTJ 編集長

1996年カリフォルニアで初の医療大麻が解禁。その5年後に現地へ移住し、医療大麻の家庭栽培、薬局への販売などの現場や、それを巡る法律や行政、そして難病、疾患に対し医療大麻を治療に使う患者さん達を「現場」で数多く見てきた、医療大麻のスペシャリスト。

10年間サンフランシスコに在住後、帰国し、医療機関でCBDオイルの啓蒙、販売に従事し、HTJのアドバイザー兼ライターとして参画。グリーンラッシュを黎明期から見続けてきた生き証人。

目次
閉じる