MENU
カテゴリー
緊急開催!今注目の【大藪裁判】徹底解説

アメリカの企業が生地繊維についての契約を締結

アメリカの企業が生地繊維についての契約を締結

ロサンゼルスに本社があるアパレルメーカーRecreator社とネブラスカ州オマハにあるBastcore社はヘンプ繊維の供給について契約を締結しました。Bastocore社はヘンプ原料を購入して、ヘンプ生地や麻合成製品及びエネルギー製品の素材となる繊維製品を製造しています

その原料はミネソタ州やコロラド州、ケンタッキー州の農場から購入しており、さらに麻の生産をはじめたノースカロライナ州やニューヨーク州の農場から購入する計画もあるといいます

Recreator社は環境に優しいファッションを提案しており、Bestcore社の繊維でTシャツや他の衣類製品を製作する予定です

プレスリリースでRecreator社のCEOマット・マックレインこう述べています。「このパートナーシップによって遠隔地域での天然繊維製品への再投資がすすむものと期待しています。当社の高品質アパレルラインナップにBastcore社のアメリカ製ヘンプ繊維を投入することで、Rcreatorの困難にも負けない大きな潜在力を見せられたと思います。」

また、Bastocore社のCEOジョン・ルピアンはこう言います
「この繊維の供給契約はアメリカのヘンプ工業界において、とりわけ2014年の農業法成立以来のアメリカ製ヘンプ生地において、歴史的意味を持つでしょう。」

HEMPTODAY 2017年10月14日)

関連記事:

  1. 米国、中国企業がヘンプ加工処理で協力

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

AUTHORこの記事をかいた人

日本臨床カンナビノイド学会員。北海道ヘンプ協会(HIHA) 法人会員。

美容クリニックで専門医監修の下、CBDオイルを利用したアトピー性皮膚炎の治療を開始。1年間の観察結果からアレルギー数値と、症状の改善がきっかけで大麻の可能性を一人でも多くの方々に知ってもらいたいと思い立ち、編集局員として参加。

「HEMP TODAY JAPAN」を通じて、「世界の大麻産業」の真実を知ってもらう必要があると考えております。

そして、大麻へのマイナスイメージを払拭がされ、医療分野、産業分野問わず、大麻由来製品を誰でも簡単に低コストで利用できる環境を望んでいます。

2017年6月~青山エルクリニックモニター参加。
2018年5月「Hemp Food, Health & Beauty Summit」(HTセンター/ポーランド)。
2018年8月「中国 黒龍江省ヘンプ産業視察ツアー2018」参加。

目次
閉じる