MENU
カテゴリー
HHC 草の根 有識者会議

ニューヨーク州政府、大麻プロジェクトへの約8億円超の投資拡大

ニューヨーク州政府、大麻プロジェクトへの約8億円超の投資拡大

米国ニューヨーク州は、ヘンプ関連の事業に対して多額の資金を投入しています。州政府は先ごろ、州の南中央部にあるビンハンプトン近くの大麻加工工場に65万ドルの資金を投じ、州政府はまた、州が運営する大麻種子認証プログラムに対して、今年度予算に200万ドルを組み込んでいます。昨年の夏には、ヘンプ生産に関わる認定プロジェクトに向けて産業用大麻加工の助成プログラムを500万ドルかけて立ち上げています。

アンドリュー・クオモ ニューヨーク州知事は「産業用大麻の研究を進めることは、農場や地域社会を大きく後押しし、新しい雇用を創出、将来の経済成長の基盤を築く革新的なアイデアへの扉を開く」と語りました。

ニューヨーク州では、昨年1年間でヘンプ栽培農家が3倍に増え、州全体の作付面積は2000エーカー(809ヘクタール)となりました。

ビンガムトン地区に位置する加工工場の総費用は320万ドルに上ります。

2015年に始まったニューヨークの産業用大麻の試験プログラムですが、今年は参加者数の上限を撤廃しました。州当局関係者によると、来月には産業用大麻の研究フォーラムが開催されるという事です。(HEMPTODAY 2018年1月10日)

関連記事:

  1. ニューヨーク州、当局がヘンプを推進

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

AUTHORこの記事をかいた人

後藤 大輔のアバター 後藤 大輔 株式会社 Prossimo

株式会社 Prossimo 取締役。日本臨床カンナビノイド学会員。北海道ヘンプ協会(HIHA) 法人会員。

美容クリニックで専門医監修の下、CBDオイルを利用したアトピー性皮膚炎の治療を開始。1年間の観察結果からアレルギー数値と、症状の改善がきっかけで大麻の可能性を一人でも多くの方々に知ってもらいたいと思い立ち、編集局員として参加。

「HEMP TODAY JAPAN」を通じて、「世界の大麻産業」の真実を知ってもらう必要があると考えております。

そして、大麻へのマイナスイメージを払拭がされ、医療分野、産業分野問わず、大麻由来製品を誰でも簡単に低コストで利用できる環境を望んでいます。

2017年6月~青山エルクリニックモニター参加。
2018年5月「Hemp Food, Health & Beauty Summit」(HTセンター/ポーランド)。
2018年8月「中国 黒龍江省ヘンプ産業視察ツアー2018」参加。

目次
閉じる