MENU
カテゴリー
HHC 草の根 有識者会議

THC完全フリー! 大麻品種の開発に成功

画像

画像:引用元

目次

THC完全フリーの品種!「パナケイア」を開発

画像

画像:引用元

スペインのヘンプ・トレーディング社とバレンシア大学の研究者は、THCを含有しない品種「パナケイア」を開発しました。この種子は、Tesoro GeneticsFront Range Biosciencesの助けを借りて、全米に配布する準備ができています

ヘンプ・トレーディングは、大麻栽培専用の製品の国際流通にフォーカスしています。

Tesoro Geneticsはプレミアムな大麻種子とCBD品種の育種のスペシャリストであり、Front Range Biosciencesはヘンプ、コーヒー、嗜好用大麻などの植物の育種と生産のための技術を提供するハイテク企業です。

 

画像

画像:引用元

パナケイアは、「ホットヘンプ」と呼ばれる、0.3%以上のTHCを含む大麻系統のカテゴリーに属しません

この新しい品種は、精神活性化学物質THCを完全に含有しておらず、つまりマリファナへの転用が不可能であることを意味します。

現在の多くの国々の法律では、THCの最大量を超えると作物を廃棄することが義務付けられているため、これは農家にとって朗報です。

この種子は「収穫およびその後の製品化に関連する脆弱性」を最小限に抑えるために開発されたと言うことで、つまり、研究者が生産および流通における法的障害とリスクを「排除」したことを意味します。

THCフリー大麻株とCBGの台頭

画像

画像:引用元

THC0%であることに加えて、パナケイアにはカンナビゲロール(CBG)が18%も含有されているという特色があります。

ヘンプ・トレーディングの Ernesto Llosa CEOは、CBGはカンナビジオール(CBD)に比べて経済的利益が高いと言います。

大麻植物に含まれる100種類以上のカンナビノイドの1つであるCBGは、今後数年で勢いを増すと見られている物質で、CBDと同じように、多くの効果が報告されています。

フォーブスの記事によると、この非精神活性物質は、私たちが体内で作り出しているカンナビノイドである「アナンダミド」を増加させる可能性があるため、「気分を調節するのに役立つ」と考えられています。

また、「GABA再取り込み阻害剤として作用する」可能性も指摘されており、研究者は、ハンチントン舞踏病、癌、MRSAなどの病気を治療する可能性も検討しています。

 

動画:引用元

しかし、「カンナビノイドのロールスロイス」というあだ名が付けられるほどCBGは生産コストが高いため、CBGの噂を確かめるのは少々ハードルが高いようです。

一方、CBGが豊富でTHCを含まないパナケイアは、栽培者が1エーカーあたり1,800キロまで収穫が可能と期待されています。

もし公表データ通りであれば、生産者はTHCに関して心配する必要がなくなるため、この新しい品種は抽出中の精製コストを最小限に抑えることができます。

 

画像

画像:引用元

Front Range Biosciencesの共同設立者兼CEOであるJonathan Vaught博士は、

Jonathan Vaught博士
当社の当初からの使命は、メインストリームの農業に持続可能で近代的なソリューションを提供することでした。パナケイアは、より合理化された農法を奨励するだけでなく、より多くの健康に役立つヘンプ由来物質を届ける事が出来ると思います。

と述べました。

また、Tesoro GeneticsJohn Keating CEOは、

John Keating 氏
Pesakeiaが持つ「行政が実施するコンプライアンス・テストに決して失敗しないという特性」が、ヘンプ市場で「抜本的な変革」を起こすと予測しています。さらに、「パナケイアの高収量と、その花の品質は並外れている」

と説明しました。

 

 

Yosuke Koga
我々 Hemp Today の本部が運営する Hemp Trade でもCBGを販売していますが、価格はCBDの2倍ちかくもします。

それは、CBGがそれだけ貴重だからです。

そう考えると、このパナケイアは、まさに夢の新品種ですね。

しかもTHCを全く含まないという事で、「取締る理由がない」この品種は、日本で今後湧き起こるであろうヘンプ解禁の論争に一役買いそうな気もします。

 

 

ただし、こうした特許を取得した品種は、使い方次第では利益を一部の人間に集中させ、産業の健康な成長を阻害する恐れもあるため、法整備の行方と併せて注視していく必要がありそうです。

 

では、次回はこのCBGについてのお話をしましょう。

 

 

引用元1:https://plantsbeforepills.com/first-thc-free-strain-is-now-available-in-the-us/

引用元2:https://greencamp.com/spanish-made-first-thc-free-marijuana-seeds-to-launch-in-us/

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

AUTHORこの記事をかいた人

Yosuke Kogaのアバター Yosuke Koga HTJ 編集長

1996年カリフォルニアで初の医療大麻が解禁。その5年後に現地へ移住し、医療大麻の家庭栽培、薬局への販売などの現場や、それを巡る法律や行政、そして難病、疾患に対し医療大麻を治療に使う患者さん達を「現場」で数多く見てきた、医療大麻のスペシャリスト。

10年間サンフランシスコに在住後、帰国し、医療機関でCBDオイルの啓蒙、販売に従事し、HTJのアドバイザー兼ライターとして参画。グリーンラッシュを黎明期から見続けてきた生き証人。

目次
閉じる