MENU
カテゴリー
緊急開催!今注目の【大藪裁判】徹底解説

あと4州を残し急拡大、ヘンプ作付け面積が4倍に

画像

目次

すでに207,000ヘクタールを栽培許可

産業団体のVote Hempの報告によると、農家が511,442エーカー(207,000ヘクタール)の栽培を許可された結果、米国では今年、推定115,000138,000エーカー(46,00056,000ヘクタール)のヘンプが収穫されると見られています。

 

Vote Hempの数値は、各州の農務省の年次調査に基づいており、認可を受けた作付け面積は2018年のアナログデータの総計の4ですが、認可を受けた一部の農家は今年の栽培を見送っていると、報告では付け加えています。

 

Vote Hempは過去の傾向を引用して、230,000エーカー(93,000 ha)のヘンプが栽培されていると推定し、作物の不作や不適合作物およびその他の要因により、その50%から60%のみが収穫されると予測しました。

画像

 

2019年のヘンプ栽培の大幅な拡大は、昨年12月にアメリカ全土でヘンプを合法化した2018年農業法案の可決によるものです。

その他の成長指標

画像

 

また、米国のヘンプ産業の大規模な成長を示して、Vote Hempは次のように報告しました。

 

ヘンプ栽培のライセンスは、各州によって16,877人の農家と研究者に発行され、2018年に比べて476%増加しました。

 

今年、米国の13州で新たなヘンプ・プログラムが設立されました。

 

ヘンプ州の総数は現在46に達しています。アイダホ、ミシシッピ、ニューハンプシャー、サウスダコタの4州のみがヘンプ産業のバリューチェーンを確立するための法的枠組みをまだ確立していません。

 

産業用ヘンプを明確に定義し、その生産に対する障壁を取り除くことにより、各州は、連邦法のヘンプ研究および農業法案で概説されているヘンプ試験栽培プログラムを活用することができます。

インフラを構築する時

画像ROI(投資利益率)を重視して構築された、Power Zoneの収穫プラットフォーム

一世代前の2014年農業法案の規定に基づき、農家は限られたヘンプ研究プログラムのためだけに作物を栽培することができました。

 

連邦政府によるヘンプ栽培禁止を解除したので、今度はインフラを構築し、ヘンプの栽培とヘンプ製品の市場を全国に拡大する時です」と、Vote Hempのエリック・ステーンストラ代表は述べ、「ヘンプ加工業者が、業界の成長にとって重要です」と指摘し、ヘンプ加工施設への劇的な投資と成長もレポートに記載しています。

 

加工業のライセンスを発行している州では、2,880件の加工ライセンス発行が報告されており、2018年より483%増加しています。

抽出処理が急成長

画像

加工部門の成長は主に抽出に向けたものであり、Vote Hempは「ヘンプ業界は抽出物に対する市場の需要を満たすのに十分な能力があります。しかし、繊維および穀物の処理にはより多くの投資が必要です。」と述べました。

 

20181220日に調印された新しい2018年農業法案には、「ヘンプ生産」というタイトルの「セクション10113」が含まれており、ヘンプを規制物質法から削除し、ヘンプの連邦規制当局を米国農務省(USDA)に移管し、連邦政府から各ヘンプ・プログラムの承認を得るために、州政府の農務省が計画を提出できるように規定しています。

 

この承認により、各州は独自のガイドラインに従ってヘンプ栽培を規制することができます。

 

銀行業、水利権などの障壁を取り除く

画像

USDAは、この秋、農場法案の「セクション10114」で要求されているように、ヘンプ栽培に関する新しい連邦規制をリリースする予定です。連邦から承認された計画を持つ州は、2020年から独自にヘンプ栽培の規制を開始できます。

 

ヘンプを乾燥重量で0.3%以下のTHCしか含まない大麻草として定義することに加えて、2018年の農法は、植物抽出物を含む大麻草の「植物全体(全草)」を定義しています。

 

また、特にヘンプの連邦研究資金へのアクセスを許可および奨励し、米国で急速に成長しているヘンプ産業への障害を取り除くべく、銀行業、水利権、およびその他のヘンプ産業が現在直面している規制を撤廃します。

 

同時にこの法案は、ヘンプの作物保険も明示的に認可しています。

画像

米国で麻の法的枠組みを定めた46の州は、アラバマ、アラスカ、アリゾナ、アーカンソー、カリフォルニア、コロラド、コネチカット、デラウェア、フロリダ、ハワイ、イリノイ、インディアナ、アイオワ、カンザス、ケンタッキー、ルイジアナ、メイン、メリーランド、マサチューセッツ、ミシガン、ミネソタ、ミズーリ、モンタナ、ネブラスカ、ネバダ、ニュージャージー、ニューメキシコ、ニューヨーク、ノースカロライナ、ノースダコタ、オハイオ、オクラホマ、オレゴン、ペンシルベニア、ロードアイランド、サウスカロライナ、テネシー、テキサス、ユタ、バーモント、バージニア、ワシントン、ウェストバージニア、ウィスコンシン、ワイオミングの各州です。

 

引用元:https://hemptoday.net/hemp-harvest-usa-2019/

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

AUTHORこの記事をかいた人

日本臨床カンナビノイド学会員。北海道ヘンプ協会(HIHA) 法人会員。

美容クリニックで専門医監修の下、CBDオイルを利用したアトピー性皮膚炎の治療を開始。1年間の観察結果からアレルギー数値と、症状の改善がきっかけで大麻の可能性を一人でも多くの方々に知ってもらいたいと思い立ち、編集局員として参加。

「HEMP TODAY JAPAN」を通じて、「世界の大麻産業」の真実を知ってもらう必要があると考えております。

そして、大麻へのマイナスイメージを払拭がされ、医療分野、産業分野問わず、大麻由来製品を誰でも簡単に低コストで利用できる環境を望んでいます。

2017年6月~青山エルクリニックモニター参加。
2018年5月「Hemp Food, Health & Beauty Summit」(HTセンター/ポーランド)。
2018年8月「中国 黒龍江省ヘンプ産業視察ツアー2018」参加。

目次
閉じる