MENU
カテゴリー
緊急開催!今注目の【大藪裁判】徹底解説

オーストラリア最後の州がヘンプ合法化、いざ二期作地帯へ

画像

画像:引用元

この法律は201988日に可決され、ノーザンテリトリー州(以下NT)がヘンプを合法化する最後のオーストラリアの州となりました。

 

オーストラリアのNTにあるヘンプ産業関係者は、議会がヘンプの栽培と加工を合法化する法律を制定後、年に2回の収穫サイクルを可能にしたいと考えています。

 

NT当局は、ヘンプの持つ繊維と穀物としての可能性を活用し、オーストラリアの他の地域に向けた播種用の種子の主要提供者を目指す構想を明かし、二期作の可能性こそが農家を惹き付ける主要な要因であると述べました。

目次

農家と研究者の協力体制が重要

画像

画像:引用元

「産業用ヘンプは、当地域の気候条件において大きな可能性を秘めており、広大な規模の新しい産業になる可能性があります」とNTファーマーズ社のCEO、ポール・バーク氏は述べました。

 

この新しい法律は、農家と研究者が協力し、この地域に産業用ヘンプに基づく投資と雇用創出の機会を促進するための枠組みを設定しており、ヘンプの所持、栽培、供給、加工、研究などを管理するライセンスシステムを導入しています。

 

牛舎をヘンプ栽培場に、2人の初期のムーバー

画像

画像:引用元

業界関係者は、ダーウィンの南約200マイルにあるキャサリン周辺の地域を、ヘンプ栽培の可能性が高いと指摘しています。

 

画像

 

昨年、町の研究農場で行われたテスト区画での試験栽培は成功したと当局者は述べました。

 

キャサリンの当局は、来年最初の本格的栽培を行う予定です。

3ヶ月でヘンプ栽培試験を開始し100ヘクタールへ

画像

画像:引用元

一方、このグループオペレーションのGMであり所有者であるCaason GroupAndrew Barratt氏は、NTの牛舎であるエルロンステーション社が、今後3か月以内にヘンプの試験栽培を開始し、最終的に100ヘクタール(247エーカー)まで拡大する予定であると述べています。

 

Caason2015年にヘンプの栽培を目的として牛舎の不動産を購入し、政府が合法化するのを待っていたと述べました。

 

「法案は待望されており、NTにとって素晴らしいビジネスチャンスを指し示しています」とバラット氏は述べました。

 

Caasonは、毎年2回の収穫を計画しており、最初の収穫は18か月後の予定と説明しました。

 

同社は、エルロンのプロジェクトに約500,000豪ドル(340,000米ドル/約3,800万円)を投資しています。

 

引用元:https://hemptoday.net/australia-northern-territory/

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

AUTHORこの記事をかいた人

日本臨床カンナビノイド学会員。北海道ヘンプ協会(HIHA) 法人会員。

美容クリニックで専門医監修の下、CBDオイルを利用したアトピー性皮膚炎の治療を開始。1年間の観察結果からアレルギー数値と、症状の改善がきっかけで大麻の可能性を一人でも多くの方々に知ってもらいたいと思い立ち、編集局員として参加。

「HEMP TODAY JAPAN」を通じて、「世界の大麻産業」の真実を知ってもらう必要があると考えております。

そして、大麻へのマイナスイメージを払拭がされ、医療分野、産業分野問わず、大麻由来製品を誰でも簡単に低コストで利用できる環境を望んでいます。

2017年6月~青山エルクリニックモニター参加。
2018年5月「Hemp Food, Health & Beauty Summit」(HTセンター/ポーランド)。
2018年8月「中国 黒龍江省ヘンプ産業視察ツアー2018」参加。

目次
閉じる