MENU
カテゴリー
緊急開催!今注目の【大藪裁判】徹底解説

世界最大企業オーロラ・カナビスの格付けが下げられる

画像

一昨年末から始まった、一連のカナダ大麻企業株の高騰は、彼らを巨大企業へと一気に押し上げましたが、彼らの一部は、調達した資金を設備投資やM&Aに回す一方で、実質的な売り上げが企業の時価に見合ってないまま、市場の期待だけで株価が支えられている状態が続いてきました。

そんななか、Canopy Growth社と並び世界最大の大麻企業であるAurora Cannabis社の経営に、陰りが見えてきたかもしれません。

目次

バンク・オブ・アメリカが格付けを下げる

画像

画像:引用元

オーロラ・カナビス社による、業界をリードする規模のビジネスを構築し、利益率を高めるため取り組みは評価に値しますが、同社の株価は、木曜日の朝6.92ドルで6.6%以上下落し、バンク・オブ・アメリカは、オーロラの米国上場株式の評価を「買い」から「中立」に引き下げ、目標株価を10ドルから8ドルに引き下げました。

バンク・オブ・アメリカは、同社が懸念すべきペースで急速にキャッシュを使い切ろうとしていると考えています。

現在、オーロラのキャッシュ・ポジション(投資資本に対する手元にある現金の割合)は、同業他社に比べて低いため、2020年第1四半期にはマイナスに転じる軌道に乗っています。

迫る、転換社債の期限

画像

オーロラは、来年1CA$13.05の価格で23,000万ドル(約190億円)の大きな転換社債(償還日まで保有すると額面金額が保証されている)に直面しており、格付けの下がった今、株価が上がらない場合は、現金で決済する必要があるかもしれません

オーロラの現金流出は、カナダ、デンマーク、ポルトガルにまたがる約135万平方フィートの新工場からなる4つの生産施設への投資が原因です。

現在の推計によれば、オーロラは1-3月期のキャッシュ7,000万カナダドル(約57億円)を保有していますが、アウト・オブ・ザ・マネーの状態では、誰も社債を株式に転換したがらないため、キャッシュポジションを赤字にすることになります。

しかし、最終的には、オーロラの大麻業界における「世界最大」という地位が、必要な資金を確保するのに役立つとみられ、これは、支払能力に対する懸念が、市場から正当に評価され難いことを意味します。

CBDに焦点を当てている新興企業などの「未開拓の成長機会」に向けての資本調達と比較して、オーロラのように防衛的な立場から新たな資本を求めることは、経営の観点から見ても理想的ではありません。

引用元:https://www.benzinga.com/analyst-ratings/analyst-color/19/07/14096705/bank-of-america-downgrades-aurora-cannabis-concerned-about-cash-burn?utm_source=Benzinga+Cannabis+Insider+Newsletter+-+Delivered+Weekly&utm_campaign=fc09d68be0-MailChimp_Cannabis_Newsletter&utm_medium=email&utm_term=0_4af33b5f7f-fc09d68be0-309467713

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

AUTHORこの記事をかいた人

Yosuke Kogaのアバター Yosuke Koga HTJ 編集長

1996年カリフォルニアで初の医療大麻が解禁。その5年後に現地へ移住し、医療大麻の家庭栽培、薬局への販売などの現場や、それを巡る法律や行政、そして難病、疾患に対し医療大麻を治療に使う患者さん達を「現場」で数多く見てきた、医療大麻のスペシャリスト。

10年間サンフランシスコに在住後、帰国し、医療機関でCBDオイルの啓蒙、販売に従事し、HTJのアドバイザー兼ライターとして参画。グリーンラッシュを黎明期から見続けてきた生き証人。

目次
閉じる