MENU
カテゴリー
緊急開催!今注目の【大藪裁判】徹底解説

約2,700億円が予想される米国「鍼灸市場」にCBDのうねり

約2,700億円に上ることが予想される「鍼灸市場」(アメリカ)にCBDのうねり

目次

鍼療法針の販売を扱う企業と米国のCBD企業が提携

CBDメーカーのコロラド州ファンクショナル・レメディーズは、鍼療法針の販売会社であるLhasa OMSと販売提携を結んだことを最近発表しました。

両社によると、今回の合意は、デンバーに本拠を置くファンクショナル・レメディーズの米国における健康分野での展開を後押しし、同時に同社は、米国において近年急激に拡大している鍼灸市場へ進出します。

未来の代替医療市場を見据えて

ファンクショナル・レメディーズの最高経営責任者(CEO) Anthony Mazzotti氏は、「2019年を通じて、新たな医療市場における当社のプレゼンスを拡大し、これまでに無い市場を開拓する事を楽しみにしています」と語りました。

Market Research Future(MRFR)によると、世界の鍼灸市場は2023年末までに年間14.5%の成長を見込んでおり、総計24.5億ドル(約2,700億円市場)になると予測されています。

Lhasa OMSのMike Bailey氏は、ファンクショナル・レメディーの脂溶性ヘンプオイルについて「鍼灸師の武器として至極自然」と表現しています。

引用元:https://hemptoday.net/functional-remedies-distribution/

上記の引用元の記事が読めなかった方、コチラをクリックしてください。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

AUTHORこの記事をかいた人

日本臨床カンナビノイド学会員。北海道ヘンプ協会(HIHA) 法人会員。

美容クリニックで専門医監修の下、CBDオイルを利用したアトピー性皮膚炎の治療を開始。1年間の観察結果からアレルギー数値と、症状の改善がきっかけで大麻の可能性を一人でも多くの方々に知ってもらいたいと思い立ち、編集局員として参加。

「HEMP TODAY JAPAN」を通じて、「世界の大麻産業」の真実を知ってもらう必要があると考えております。

そして、大麻へのマイナスイメージを払拭がされ、医療分野、産業分野問わず、大麻由来製品を誰でも簡単に低コストで利用できる環境を望んでいます。

2017年6月~青山エルクリニックモニター参加。
2018年5月「Hemp Food, Health & Beauty Summit」(HTセンター/ポーランド)。
2018年8月「中国 黒龍江省ヘンプ産業視察ツアー2018」参加。

目次
閉じる