MENU
カテゴリー
緊急開催!今注目の【大藪裁判】徹底解説

米企業が150万ドルの新技術を導入

米企業が150万ドルの新技術を導入

カナダのエンジニアリング企業 Canadian Greenfield Technologies 社(CGT)は、米国ペンシルベニア州南東部に拠点を置く民間企業 Wyndrige Farm 社に150万ドルのヘンプの剥皮ラインを販売しました。

Wyndrige Farm 社の Steve Groff 氏は、HempTrainと呼ばれるこの新しいテクノロジーが、同社の80,000平方フィートの施設に設置される予定だと York Daily Record 紙に語りました。

この特殊な装置は、清潔なマイクロファイバーと、CBDを抽出するための花穂を含む他の派生物を回収しながら、構造的に無傷の靭皮繊維を取り出す高速キネティック(運動力学)技術に基づいています。

目次

技術の進歩

これまでの技術では、収穫物を叩くことによって靱皮繊維を損傷し、硬質繊維の摩滅を引き起こすハンマーミルを採用していましたが、今回採用された新たなテクノロジーは、次世代のものであるとCGTは述べました。

今年の秋までに稼働すると予想されているこの剥皮ラインは、年間最大5,000エーカーのヘンプを加工する能力があります。

「現在米国には当社を除いて、このようなスケールアップの準備が出来ている企業は他にありません。私たちは、この機械を国内で一番最初に導入します。」と Groff 氏は述べました。

CGT副社長の Stephen Christensen 氏は、2018年後半に米国農業法案が可決されて以来、同社の HempTrain に関する問い合わせが大幅 に増加していると述べました。

今後のヘンプ産業の爆発的な成長が、こうした加工機械を製作する企業などにまで経済効果を波及し、生産効率を高めながら、より多くの分野にまで影響を与えていくと考えられます。

HEMPTODAY 2019年3月21日)

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

AUTHORこの記事をかいた人

日本臨床カンナビノイド学会員。北海道ヘンプ協会(HIHA) 法人会員。

美容クリニックで専門医監修の下、CBDオイルを利用したアトピー性皮膚炎の治療を開始。1年間の観察結果からアレルギー数値と、症状の改善がきっかけで大麻の可能性を一人でも多くの方々に知ってもらいたいと思い立ち、編集局員として参加。

「HEMP TODAY JAPAN」を通じて、「世界の大麻産業」の真実を知ってもらう必要があると考えております。

そして、大麻へのマイナスイメージを払拭がされ、医療分野、産業分野問わず、大麻由来製品を誰でも簡単に低コストで利用できる環境を望んでいます。

2017年6月~青山エルクリニックモニター参加。
2018年5月「Hemp Food, Health & Beauty Summit」(HTセンター/ポーランド)。
2018年8月「中国 黒龍江省ヘンプ産業視察ツアー2018」参加。

目次
閉じる