MENU
カテゴリー
HHC 草の根 有識者会議

キャノピーグロース社が米国ヘンプ産業に5億ドル(約550億円)の投資を検討

キャノピーグロース社が米国ヘンプ産業に5億ドルの投資を検討昨年、クアーズビール等を製造するコンステレーショングループから投資を受けて話題となった、世界最大の大麻企業であるカナダのキャノピー・グロース社(TSE:WEED, NYSE:CGC)は、ニューヨーク州での現在の事業の拡大するだけでなく、米国のヘンプ事業への投資を最大5億(約550億円)ドルまで増やすことを計画していると発表しました。

キャノピー社は、州ごとの規制環境が明確になるにつれて、米国内の他の2〜3の州にオペレーションを拡大する予定であると述べました。

オンタリオ州スミスフォールズのキャノピー・グロース社は、1月にニューヨーク州から免許を交付された後、同地でのヘンプ加工事業への1億〜1億5000万ドル(約165億円)の投資を発表しました。

同社CEOのブルース・リントン氏は、ヤフーファイナンスに対し「我々は、現状は州ごとに拡大していくでしょう。なぜなら、何がCBD生産用に認証を得ることが出来るのかを規制するのは、州政府だからです。その中には、ヘンプ産業が実際に雇用創出産業プラットフォームの一部になることを望んでいる進歩的なリーダーシップと大きな人口を併せ持つ州が、3〜4州あると思います。」と語りました。

先日の農業法案可決によるヘンプの自由化と、今回のキャノピー社の進出によって、これまでカナダの一人勝ち状態から、大麻産業の勢力図が変わっていくと見られます。

引用元:https://hemptoday.net/canopy-growth-investment/

上記の引用元の記事が読めなかった方、コチラをクリックしてください。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

AUTHORこの記事をかいた人

後藤 大輔のアバター 後藤 大輔 株式会社 Prossimo

株式会社 Prossimo 取締役。日本臨床カンナビノイド学会員。北海道ヘンプ協会(HIHA) 法人会員。

美容クリニックで専門医監修の下、CBDオイルを利用したアトピー性皮膚炎の治療を開始。1年間の観察結果からアレルギー数値と、症状の改善がきっかけで大麻の可能性を一人でも多くの方々に知ってもらいたいと思い立ち、編集局員として参加。

「HEMP TODAY JAPAN」を通じて、「世界の大麻産業」の真実を知ってもらう必要があると考えております。

そして、大麻へのマイナスイメージを払拭がされ、医療分野、産業分野問わず、大麻由来製品を誰でも簡単に低コストで利用できる環境を望んでいます。

2017年6月~青山エルクリニックモニター参加。
2018年5月「Hemp Food, Health & Beauty Summit」(HTセンター/ポーランド)。
2018年8月「中国 黒龍江省ヘンプ産業視察ツアー2018」参加。

目次
閉じる