政治的駆け引きによって、農業法案(ヘンプ法案)が暗礁へ?

政治的駆け引きによって、農業法案(ヘンプ法案)が暗礁へ?これまで、超党派の取り組みとして順調に進んできた2018年農業法案が、先の中間選挙の煽りを受けています。この農業法案が成立すれば、いわゆる産業用大麻(ヘンプ)は、恒久的に合法化され、他の農作物と同様に扱われる事となります。
今月初めの中間選挙で、アメリカ国民は、トランプ大統領への不信任を表明するかのように民主党に投票し、その結果、与党共和党は下院での過半数を割り、年明けの議員入れ替えで「ねじれ」状態となる事が決まっています。
これまで、両党が協調しながら進めてきた2018年農業法案でしたが、発案者は共和党のミッチ・マコーネル議員で、この法案が成立すれば共和党にとって輝かしい成果となるため、下院での過半数を抑えることが決まっている民主党が、ここにきて同意を渋っています。
民主党のこういった姿勢を受けて、現在議会は「レームダック」と呼ばれる機能不全状態に陥っており、元来民主党が反対してきた「国境の壁建設」や「政府の閉鎖」などの問題に引きずられて、農業法案も審議が進まない状態になってしまいました。
しかし、両院の代表者会合は進んでおり、農業関係者は今年中の成立に期待を寄せています。
ここで、これまでの2018年農業法案の流れをおさらいしておきましょう

これまで上院と下院は、それぞれのバージョンの農業法案を既に可決しています。上院版は「ヘンプ栽培法案」を含みますが、下院版には、ヘンプは含まれていません。

  1. 共和党代表者ミッチ・マコーネル議員が、農業法案の中にヘンプ栽培法案を付帯する事を確約。
  2. Pat Roberts上院議長、Debbie Stabenow 上院議員、Mike下院議長、およびColin Peterson下院議員の「BIG4」と呼ばれる4名は、非公式に継続的な会合を開いており、ロバーツ上院議長は先週「今日、合意が得られると思った」と発言しています。
  3. この擦り合わせが合意に達すれば、法案は両院の投票へと持ち込まれます。
  4. 両院での投票の結果、法案が通過すれば、大統領のサインをもって正式に法律として成立します。
残り少ない会期ですが、この歴史的な法案の今後をHTJではリアルタイムでお伝えいたします。
まだコメントはありません

返信を残す

Your email address will not be published.

ヘンプトゥデイジャパンでは、 消費者向け(BtoC)ではなく、企業対企業(BtoB)をターゲットにして、 グローバルな展開が急速に進むヘンプ産業のイノベーションをサポートすることを目的にしています。

FOLLOW US ON