MENU
カテゴリー
緊急開催!今注目の【大藪裁判】徹底解説

ペルーにもあるスティグマ問題。未来の日本の参考にしよう

目次

230万の中小農家の運命を後押しする可能性

ペルーの大麻支持者たちは、現在存在しない大麻プログラムを確立することが、国際的な持続可能な開発目標により合致するための鍵であり、経済発展を促進することができると述べています。

ヘンプの市場が開かれれば、投資家が集まり、イノベーションや新技術が生まれ、政府には雇用と税収がもたらされると、支持者たちは言います。

ヘンプは、持続可能な新産業を発展させる絶好の機会です」と、ラテンアメリカ産業用ヘンプ協会のペルー大使であるラウル・インジョケ氏は述べ、同国の農業部門の大部分を占める230万の中小農家の運命を後押しする可能性があるという。

医療用大麻に特化したためヘンプバイオマスを廃棄

ペルーの現在の大麻規制の枠組みは、医療用大麻に特化したものです。このプログラムでは、花以外の大麻のバイオマスを破棄しなければならないという厳しい規則があり、時間とコストがかかっています。

ペルーでヘンプ産業を発展させるためには、まずその部分を無くす必要がある、とインジョケは提案する。

ペルーの既存の医療用大麻プログラムに関わる当局は、保健省が主導し、農務省が支援している。内務省管轄の麻薬対策局(DIRANDRO)と、種子や農業資材の輸入を担当する国家農業保健局(SENASA)も所管している。

松本一重
保健省が主導し、農務省が支援。という構図も未来の日本に当てて想像できますね。

国家的なヘンププログラムの運営には、これらの機関も一役買うことが予想されます。

ヘンプ法がないため、ペルーのヘンプは繊維産業による試験や、一部の薬局で処方箋があれば購入できる化粧品などの外用剤に限定されています。また、市場規制により、食品サプリメント用の殻付き麻の実など、一部の麻の副産物の輸入は可能ですが、制限があります。

研究促進されない原因は依然として残るスティグマ

インジョケによると、大学レベルの研究を後援する構想は、厳格な法的要件と、学生や教授がその学術的研究の承認を得るのを阻む、大麻に対する全体的なスティグマが原因で進んでいないとのこと。

ペルーの医療用大麻法は2017年に承認され、2019年に発効した。続いて2021年に制定された栽培法では、医療用大麻の利用者が地元で大麻の栽培、抽出、加工を行う団体を結成することができるようになりました。

しかし、栽培要件が厳しくコストがかかるため、インジョケ氏によると、そのようなライセンスは1つしか与えられておらず、他の申請も審査中でないとのことです。

ペルーは現在、コロンビア、ウルグアイ、カナダ、米国から医療用大麻を輸入している。大麻を調剤するライセンスを持つディスペンサリーは、全国で56カ所ある。

松本一重
「大麻=持続可能な◯◯」という表現は世界の定説になりつつあります。それくらい大麻は本物のSDGs植物といえるでしょう。さて、医療大麻が開けているペルーで、日本よりも大麻改革は進んではいますが、ペルーにも日本と同様のスティグマ問題が残っており、大学や研究機関でも思うように研究を進められない現実があります。また、コストも重くのし掛かっている状況ですが、ここをどのように乗り切って取り込んでいくかが今後の課題ですが、日本としても注目していくべき政策かと思います。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

AUTHORこの記事をかいた人

HempTODAYJAPAN編集部です。HemoTODAYより翻訳記事中心に世界のヘンプ情報を公開していきます。加えて、国内のカンナビノイド業界の状況や海外の現地レポートも公開中。

目次
閉じる