MENU
カテゴリー
緊急開催!今注目の【大藪裁判】徹底解説

新品種【エスティカ】登場!!ふっくらしてて超低THC値0.03%未満fromエストニア

目次

エストニアの新しいヘンプ品種は、超低THC値、ふっくらとした種子

エストニアのヘンプ企業が、EUで認可されたヘンプの穀物品種を開発しました。この品種は、畑でのTHCの発現が「0.03%」未満であり、農家にとって、ヨーロッパのTHC制限値0.2%を十分に下回る栽培手法となります。

この新品種は、欧州の大手麻食品メーカーであるエストニア・オーガニック・プロテイン・コーポレーション(EOPC)が、オランダの育種会社グローブシード・ビーブイと共同で開発し、エスティカと名づけられた。

EOPCのCEOであるオジャ氏は、「バルト海沿岸地域では、110日で成熟するヘンプの品種に限られていることから、種子のサイズが大きく、この地域での栽培に適した品種を作りたいと考えてました」と述べています。

食品生産者は、もうTHCレベルを心配しないで良い

オジャ氏によると、エストニア、オランダ、ハンガリーでの過去4年間のフィールドテストでは、エスティカは1ヘクタールあたり1.4〜1.6トンを生産でき、種子の平均サイズは直径4mm、種子自体のTHCレベルは0.4〜0.8mg/kgと非常に低レベルとなります。

オジャ氏は、「この品種がEUの制限的なTHCガイダンス値を大幅に下回っていることから、ヨーロッパにおけるエスティカの初期市場を見ており、エスティカを種子やオイルに使用する食品生産者は、もうTHCレベルを心配する必要はない」と述べました。

この新品種は2021年12月にEUの植物品種カタログに登録されてます。つまり、エスティカを植える農家は、EUの農業補助金を直接受けることができるのである。

エスティカは、商業用種苗市場で利用できるようになっただけでなく、EOPCの急成長する食品事業において重要な役割を果たすと、オジャ氏は述べている。同社は今年、この品種を約1,500ヘクタールで栽培し、脱皮種子と、EOPC社の主要製品であるヘンププロテインパウダーやヘンプシードオイルに加工する予定です。

ヘンプ食品は短期的な流行ではなく生活基盤になりつつある

「年々需要が高まっており、消費者がヘンプ製品の良さを認めてくれているのは嬉しいことです。ヘンプが消費者の食卓の主役として登場したことを示している。ヘンプ産業が食品分野で成長することは、産業として強固な基盤を確立したことの証明でもあります。と、同時に、ヘンプ食品が短期的な流行ではないことも示しています」とオジャ氏は言います。

ヨーロッパ有数のオーガニックヘンプ生産者であるEOPCは、ヨーロッパ大陸で最大規模の種子脱皮工場を持ち、バルクやホワイトラベル販売用の製品を製造しています。

同社の食品はすべて、地元エストニアで栽培されたヘンプを原料としており、ISO22000、オーガニックラベル、HACCPの基準に基づいて加工されています。

EOPCは地元の企業顧客に製品を供給し、世界20カ国以上に出荷しており、スカンジナビア、韓国、オランダ、ドイツが主要な市場となっています。

goto
THC制限にかかることのないヘンプ品種エスティカ、近い未来、日本の農業にマストな新品種ではないでしょうか。記事にある通り、欧州ではヘンプは食卓の主役。という言い回しから、食品産業の中心的な役割を担い始めてます。ニッチな分野からオーバーグランドに。今回のようにホットにならならい品種が4年越しで開発されたことから、食品分野でのヘンプも世界的にどんどん拡大していくことが予測されます。しかし、EOC社のプロダクトを見てお分かりのとおり、ヘンプシード、シードオイル、プロテインパウダーだけではありませんね!こちらも必見です!エストニアンヘンプ、これからも楽しみですね!(種の輸入規制も緩和されることを祈ります)

最終製品の輸入にご興味ある方はコチラ、EOC社のホームページです。

 

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

AUTHORこの記事をかいた人

日本臨床カンナビノイド学会員。北海道ヘンプ協会(HIHA) 法人会員。

美容クリニックで専門医監修の下、CBDオイルを利用したアトピー性皮膚炎の治療を開始。1年間の観察結果からアレルギー数値と、症状の改善がきっかけで大麻の可能性を一人でも多くの方々に知ってもらいたいと思い立ち、編集局員として参加。

「HEMP TODAY JAPAN」を通じて、「世界の大麻産業」の真実を知ってもらう必要があると考えております。

そして、大麻へのマイナスイメージを払拭がされ、医療分野、産業分野問わず、大麻由来製品を誰でも簡単に低コストで利用できる環境を望んでいます。

2017年6月~青山エルクリニックモニター参加。
2018年5月「Hemp Food, Health & Beauty Summit」(HTセンター/ポーランド)。
2018年8月「中国 黒龍江省ヘンプ産業視察ツアー2018」参加。

目次
閉じる