MENU
カテゴリー
緊急開催!今注目の【大藪裁判】徹底解説

イタリアがヘンプバイオマス施設を開設、無駄の無い生産、ホールプラント戦略を拡大

目次

医療用CBDからバイオマス生産へ

イタリアのヘンプ協会であるバイオヘンプファーミング社(以下、バイオヘンプ社)は、医療用CBDのバイオマスを生産する低温処理センターを開設し、南イタリアで植物全体のヘンプサプライチェーンを統合的に開発するための重要な要素を展開し始めました。

バイオヘンプ社では昨年、医療用CBDの製造に関するイタリア初の認可を取得し、カンナビジオールベースの医薬品の有効成分を抽出するための認定サプライチェーンの構築に向けて大きく前進したとのことです。

“バイオヘンプ社に与えられたイタリア初の認可により、規制の観点から大きな一歩が踏み出された “と、協会の会長であるピエトロ・パオロ・クロチェッタ氏は述べた。

「これで、我々のコアビジネスである医薬品分野のビジネスを継続し、いわゆるレクリエーション市場との差別化を図る準備が整った」とクロチェッタ氏は語った。

同協会によると、この新しい施設の目的は、現在の輸入では満たせないイタリア国内のカンナビノイドの需要に応えることだという。

バイオヘンプ社が見るヨーロッパ市場

バイオヘンプ社では、ヘンプ植物全体を包含する地域の加工センターを作り、ヨーロッパレベルで競争力をつけると述べています。

南イタリアの「ブーツ」のかかとにあたるプーリア州を拠点に、すでに繊維加工サプライチェーンを展開し、地元農家からヘンプ建設業界向け、建材に転換しています。

バイオヘンプ社は、農業研究開発部門であるバイオヘンプトレードと、プーリア州で300ヘクタールのイタリアンヘンプの栽培を管理するパルマドーロ協同組合で構成されています。

この協同組合は、慢性炎症の予防と治療、およびエンドカンナビノイド系に作用する製剤を開発するライフサイエンス企業であるクリスタルヘンプグループの一員です。

ヘンプの新鮮さを損なわない凍結技術

「新しい低温処理システムは、ヘンプに含まれる非向精神性のヘンプ化合物を保存する最新の凍結技術を採用しています。バイオマスは医療用CBDを常に必要とされる顧客に出荷されます」。とバイオヘンプ社は述べています。

研究者たちは、極低温技術はバイオテクノロジーや食品業界に画期的なソリューションを提供し、生産チェーンのいくつかのポイントで効率を向上させると述べています。

このプロセスでは、液体窒素を使って収穫したばかりのヘンプを瞬間冷凍し、化学成分を閉じ込めながらバイオマスの劣化やカビを防止します。

バイオヘンプ社の農学者であるマルチェロ・スカルチェッラは、「パルマドーロ協同組合が開発したこのシステムは、エネルギー消費を抑えながら高速で動作する工業規模のプロセスによって、材料の安定性を向上させ、安全性を保証します」と述べています。

 

新施設の名前は、昨年亡くなった技術者のマルコ・イアニチェッロにちなんでつけられました。

 

2月下旬に行われた新施設の落成式には、イタリア農業委員会のフィリッポ・ガリネッラ会長と、前農業・食料・林業政策担当次官のジュゼッペ・ラバテ氏が出席しました。

 

goto
まさに捨てるところ無し。一番古くて一番新しい持続可能なエネルギー、ヘンプバイオマス。CBDの認可を受け、尚且つ、バイオマスを生産といった低温処理技術革新を行う企業努力、大変素晴らしいです。このような技術がどんどん発展していくことで、地球規模でグリーンな力が溢れていくことを願います。厚労省と農水省がタッグを組んで欲しいですね。是非、注目して欲しい形です。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

AUTHORこの記事をかいた人

日本臨床カンナビノイド学会員。北海道ヘンプ協会(HIHA) 法人会員。

美容クリニックで専門医監修の下、CBDオイルを利用したアトピー性皮膚炎の治療を開始。1年間の観察結果からアレルギー数値と、症状の改善がきっかけで大麻の可能性を一人でも多くの方々に知ってもらいたいと思い立ち、編集局員として参加。

「HEMP TODAY JAPAN」を通じて、「世界の大麻産業」の真実を知ってもらう必要があると考えております。

そして、大麻へのマイナスイメージを払拭がされ、医療分野、産業分野問わず、大麻由来製品を誰でも簡単に低コストで利用できる環境を望んでいます。

2017年6月~青山エルクリニックモニター参加。
2018年5月「Hemp Food, Health & Beauty Summit」(HTセンター/ポーランド)。
2018年8月「中国 黒龍江省ヘンプ産業視察ツアー2018」参加。

目次
閉じる