MENU
カテゴリー
HHC 草の根 有識者会議

米国で新たなヘンプ規制が発効

画像

連邦政府がヘンプを合法化した2018年の農業法案に基づくガイダンスを業界にむけて提供するべく制定された、米国農務省(USDA)の国内大麻規則が22日から発効となり、産業用大麻のアメリカ農業への復帰における新たな節目となりました。

この新たなUSDA規則は、ライセンス要件、麻畑の記録保持、THCテスト、非準拠作物の処分、違反処理の手順などを対象としています。

新しい規則では、2022年12月31日以降、米国麻薬取締局(DEA)認定の研究所においてTHCテストを実施する必要があります。また、承認されたヘンプ・プログラムのない州の農家はUSDAが直接管理下となり、「連邦政府の基準値である0.3%を超えるヘンプ」は執行機関またはDEAに登録されたエージェントにより破棄される事が義務付けられます。

目次

DEAの役割への異議

多くの業界関係者は、米国の農業法案が規制物質法からヘンプを明示的に削除したことを指摘し、ヘンプ・プログラムにおける、このようなDEAの役割に反対しています。DEA は、ヘンプ産業に影響を与える問題について、しつこく積極的に主張してきました。

 

規定の中には、「THCの過失閾値1.0%」など、産業関係者が歓迎する内容も盛り込まれています。これは、作物のTHC含有量が0.3%THCを超える作物は破棄する必要があるものの、1.0%を超えない場合は違反とは見なされないことを意味します。主要な大麻生産地であるケンタッキー州選出のランド・ポール上院議員は、許容されるTHCのレベルを0.3%から完全な1.0%に上げることを提案しています

その他の重要なルール

2018年農業法案が可決された後、米国の50州すべてで何らかの形のヘンプ・プログラムが実施されています。一部の州は、2014年のパイロット・プログラムの規則に従ってUSDAの直下で運営されていますが、他の州では、すでに州独自のプログラムが連邦農務省によって承認されています。

今日有効な他の主要な麻規制の中で:

  • ヘンプは、デルタ9 THCだけではなく、総THC含有量(THCAを含む)をテストする必要がある。
  • THCテストのサンプルは、植物の他の部分や植物全体のサンプルからではなく、植物の上部にある花からのみ採取する必要がある。
  • ヘンプ生産者は、収穫の30日前に作物のTHC検査を受ける必要がある。
  • 農民は違反作物を燃やしたり、または埋めたりすることができる。これは、法執行機関やその他の許可された当事者にそれらを収集して破壊することを求めた暫定的なUSDA規則からの変更です。

「利害関係者へのサービス提供」

この新しいヘンプ規則は、2018年の農務省の枠組みの中でUSDAによって承認されたヘンプ・プログラムの下で運営されているすべての州、部族、および米国の領土に適用されます。 USDAのAgricultural Marketing Serviceは、新しい規制は「新しいプログラムが適切に構成され、リソースが提供されるようにし、プログラムが意図された利害関係者に最も役立つように実装されること」を目的としていると述べています。

USDAは2019年10月にヘンプに関する暫定規則を発表し、その後、今回施行される最終規則を設定するにあたり、60日間のパブリックコメント期間中に5,900件の回答を受け取っていました。

 

引用元;https://hemptoday.net/hemp-rules-take-effect-in-usa-marking-another-milestone/

 

 

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

AUTHORこの記事をかいた人

目次
閉じる