MENU
カテゴリー
緊急開催!今注目の【大藪裁判】徹底解説

米国企業が自社の名称を守るためにクラウドファンディングを利用

米国企業が自社の名称を守るためにクラウドファンディングを利用

オネスト・ハーバル社は一連のCBD(カンナビジオール)商品を生産

米国企業が自社の名称を守るためにクラウドファンディングを利用

オネスト・ハーバル社創業者クリスティ・レドモン氏

女優のジェシカ・アルバさんが所有しており、困難な状態にあったザ・オネスト・カンパニー社(THC)が提訴した商標権侵害訴訟において、コロラド州のCBD商品の生産者が、自社の権利を擁護する活動を支えるため、クラウド・ファンディングのキャンペーンを開始しました。

コロラド州ルビエールのレドモン社は、同社が生産するCBD商品のローション、クリーム、抽出物、カプセル等に使用されている商標登録済みの「オネスト・ハーバル」というブランドを引き続き使用する自社の権利を守ると述べています

薬剤師であるとともにオネスト・ハーバル社の創業者かつ会長のクリスティ・レドモン氏は、ヘンプトゥデイに対して、「自社のブランドや商品を形容するのに『オーネスト(正直な)』の語を使用する企業は文字通り何千社もある中で弊社が選び出されたこと非常に驚きました」と述べました。同社は家族経営の産業用大麻農場を運営しています

オネスト・ハーバル社のプレスリリース「市場も製品も全く重複していないことから、ザ・オネスト・カンパニー社による提訴は驚きでした。」とコメントし、「THC社は同社の無関連の製品のブランドに「オネスト」の語を使用してきましたが、米国の何千社もの企業が「オネスト」の語を自社の製品やブランドを適切に描写するために使用しています。オネスト・ハーバル社は、THC自社が排他的にそれを使用するために「オネスト」の語を英語から抜き取ることが可能であるとの考えを打ち負かそうと考えています。」と記しています

その一方で女優のジェシカ・アルバさんの会社自体も、主としてラベルに「オーガニック」の語を使用することに対する苦情に起因する広範な訴訟に直面しています。そうした訴訟は洗剤、サンスクリーン、シャンプー、ボディソープ等の商品に関するものです。2016年春に、カリフォルニアで起こされた訴訟はオーガニック消費者協会によって提訴されました。同協会は、オネスト・ベビーフードは、「オーガニック」のラベルが付いているものの、原料の一部に合成物質が使用されていると主張しています

レドモン社はザ・オネスト・カンパニー社が提起した訴訟に対応するため、デンバーに本部のある法律事務所ブラッドフォードと契約しましたHEMPTODAY 2017年10月7日

  1. カナダ企業が米国でCBD生産向け栽培
  2. ファッション企業が直面するヘンプをめぐる銀行問題
  3. Facebook がポーランドの大手ヘンプ企業を禁止に

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

AUTHORこの記事をかいた人

日本臨床カンナビノイド学会員。北海道ヘンプ協会(HIHA) 法人会員。

美容クリニックで専門医監修の下、CBDオイルを利用したアトピー性皮膚炎の治療を開始。1年間の観察結果からアレルギー数値と、症状の改善がきっかけで大麻の可能性を一人でも多くの方々に知ってもらいたいと思い立ち、編集局員として参加。

「HEMP TODAY JAPAN」を通じて、「世界の大麻産業」の真実を知ってもらう必要があると考えております。

そして、大麻へのマイナスイメージを払拭がされ、医療分野、産業分野問わず、大麻由来製品を誰でも簡単に低コストで利用できる環境を望んでいます。

2017年6月~青山エルクリニックモニター参加。
2018年5月「Hemp Food, Health & Beauty Summit」(HTセンター/ポーランド)。
2018年8月「中国 黒龍江省ヘンプ産業視察ツアー2018」参加。

目次
閉じる