MENU
カテゴリー
緊急開催!今注目の【大藪裁判】徹底解説

「大麻は違法であるべき」トランプ陣営の政策が明らかに

画像

画像:引用元

目次

大麻法の変更に関するトランプ大統領の発言

画像

画像:引用元

 

 

Yosuke Koga
先日、米大統領選の民主党指名候補争いに関してバーニー・サンダース氏の大麻政策をお伝えしましたが、対する共和党候補のトランプ大統領による今後の大麻政策の展望が、選挙キャンペーンの指揮を執る補佐官から言及がありました。

 

 

今年行われる大統領選のキャンペーンで陣頭指揮を取るトランプ陣営の補佐官はインタビューで、連邦レベルでの大麻法の変更に関するトランプ大統領の立場についての質問を受け、このように述べました。

 

同政権の方針は

大麻およびその他の、現在違法な薬物は違法のままであるべきだ

 

 

今年の大統領選におけるトランプ陣営の戦略的コミュニケーション・ディレクターであるマーク・ロッター氏は以下のように述べています。

 

マーク・ロッター氏の発言

動画:引用元

 

ますます多くの州が大麻を合法化しようとしていることを認識したうえで、ロッター氏は、ラスベガスのCBS系列テレビ局KLAS-TVとのインタビューで次のように述べました。

 

マーク・ロッター氏
大統領が考えているのは、家庭に若者を持つ親の立場からこれを見て、子供たちを麻薬から確実に遠ざけることだと思います。

 

 

そうした薬物は、違法である必要がある。

 

 

それが連邦政府の政策です。

 

 

多くの州が別の道を歩んできたことは知っています。

 

 

大統領は、これまで連邦レベルでのマリファナに関する彼の見解をかなり明確にしてきたと思う。

 

画像

画像:引用元

 

この問題について尋ねられたとき、最初の選挙キャンペーン中、そして大統領就任後も一貫して、トランプ大統領はこれまで、各州が独自に大麻法を設定する事ができる権利に対する支持を表明してきました。

 

 

彼は昨年はこのように述べていました。

 

マーク・ロッター氏
今、何が起こっているのかを見ていきます。

 

これは非常に大きなテーマであり、現在、州がその決定(大麻合法化)を下すことを許可しています。

 

多くの州がその決定を下していますが、我々は、各州がその決定を下すことを許可しています。

 

 

しかし、トランプ政権の最初の検事総長は、地方の大麻政策を尊重するよう連邦検察官に指示するオバマ時代のガイダンスを取り消しました。

 

画像

画像:引用元

 

トランプはまた、議会で承認された各州の医療用大麻法の保護を無視することができるという彼の権利を留保する声明に署名発行しました。

 

 

そのうえ、彼の予算要求はワシントンD.C.が大麻販売を合法化するために地方税を使うことを阻害する条項を含んでいます。

 

以前はホワイトハウスの大統領の特別なアシスタントとして働き、マイク・ペンス副大統領がまだインディアナ州知事だったときに勤めた事のあるロッター氏は、水曜日に公開された新しいインタビューで、次のように語りました。

 

マーク・ロッター氏
もし大統領がそれ(大麻政策の基本姿勢)を変えたなら、それは私にとって明らかに、彼の前で取り上げたくない事案になるでしょう。

 

画像

画像:引用元

 

ラスベガス局とのインタビューの後半でロッター氏は、トランプ氏が署名したささやかな判決改革法案に言及し、今週初めに麻薬関連で有罪判決を受けた少数の人々に対してトランプ氏が発行した寛大な措置について触れ、元イリノイ州知事の汚職に関して減刑し、また詐欺で有罪判決を受けていた元ニューヨーク市の政策委員を赦免した事についても語り、「大統領は刑事司法改革を支持した」と述べました。

 

 

2020年の民主党大統領候補の中では、

 

大麻合法化支持

 

●エイミー・クロブチャー上院議員(D-MN

●バーニー・サンダース(I-VT

●エリザベス・ウォーレン(D-MA

●元インディアナ州サウスベンド市長のピート・ブーティジェッジ

●トゥルシー・ガバード議員(D- HI

●ビジネスマンのトム・スタイアー氏

 

は大麻の合法化を支持しています。

 

 

ジョー・バイデン前副大統領とマイケル・ブルームバーグ前ニューヨーク市長は、どちらも大麻の合法化に反対していますが、大麻所持の非犯罪化過去の大麻関連犯罪記録の抹消などのささやかな改革は支持しており、民主党の指名候補は全員なにがしかの形で大麻政策を緩和する方向である事は間違いないようです。

つまり、今年の大統領選挙の民主党候補は、誰が選ばれても「大麻解禁派」ということになります。

つまり、この記事でお伝えしたように、今年の大統領選挙でトランプ陣営が「大麻は違法」というスタンスで戦う事になれば、それは「共和党 vs 民主党」の戦いであるだけでなく、「大麻解禁派 vs 大麻非合法派」の戦いになる事を意味するのです。

 

記事:引用元

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

AUTHORこの記事をかいた人

Yosuke Kogaのアバター Yosuke Koga HTJ 編集長

1996年カリフォルニアで初の医療大麻が解禁。その5年後に現地へ移住し、医療大麻の家庭栽培、薬局への販売などの現場や、それを巡る法律や行政、そして難病、疾患に対し医療大麻を治療に使う患者さん達を「現場」で数多く見てきた、医療大麻のスペシャリスト。

10年間サンフランシスコに在住後、帰国し、医療機関でCBDオイルの啓蒙、販売に従事し、HTJのアドバイザー兼ライターとして参画。グリーンラッシュを黎明期から見続けてきた生き証人。

目次
閉じる