MENU
カテゴリー
緊急開催!今注目の【大藪裁判】徹底解説

大麻デリバリー企業weedmapsの戦略、巨大大麻博物館とは

画像

83日にMusium of Weed(大麻博物館)が、ロサンゼルスに929日までの期間限定でオープンしました。

この催しは、大麻宅配サービスウェブサイト「ウィードマップ」のメンバーが主導し、3万平方フィート(約843坪)のスペースで、「何十年にもわたる政府の取り締まりやプロパガンダにもかかわらず、大麻草の知識を広め、大麻解放運動を続けてきた生産者や愛煙家、そして活動家たち」の物語を盛り込んだインタラクティブで情報に富んだ展示となっています。

目次

8テーマに分かれた展示

展示は、以下の8つのテーマに分かれています。

 

1. 禁止前

大麻にインスパイアされた古代の文化から江戸中期の侍の甲冑まで、我々と大麻の驚くべき関わり。

2. 狂気の時代

20世紀初頭に、いかにして大麻が社会的ヒステリーと人種間問題を煽る目的で使われてきたかの歴史。この後100年続く事になるプロパガンダに支配された、狂気の世界へ。

3. カウンターカルチャー革命

それまでの封建的な親達の意見に反旗を翻し、大麻を世界の「反抗と愛のシンボル」に祭り上げた世代。

4. ドアの向こう

「麻薬戦争」の主要人物と、それに反抗した組織や団体。法律や規制が、どのようにして彼らを悪役に仕立て上げたのか。

5. 収監

情け容赦ない大麻取締の実態。計画的なプロパガンダが恐怖と誤解を拡散し、大量の逮捕収監を生んだ。

6. 思いやりの一服

90年代に、大麻はカウンターカルチャーからポップカルチャーへ。人類史上最悪の伝染病の一つ(エイズ)が、大麻に光をあてる事に。

7. 合法化

合法化への道のり。史上空前の支持を集める大麻の、法廷や議会での現在。

8. ラボ

大麻についての新たな知識と理解を促す、科学的そして技術的進歩

大麻宅配企業weedmapのマーケティング

画像

画像:引用元

Weedmaps Museum of Weedについて、Weedmapsの最高経営責任者であるChris Beals氏は、

 

我々のゴールは、大麻とその社会的役割に関する誤解を解き、大麻の取り締まりが米国やそれ以降の様々な社会団体に及ぼした影響について市民の意識を向ける事です。」

 

と、発表で語りました。

 

こうした社会正義を掲げる事は、間接的に、同社が提供するウェブやモバイル・プラットフォームである「ウィードマップ」のマーケティングでもあり、新興メディア”Vice”のクリエイティブ・エージェンシーであるVirtueとの共同作業です。

 

Weedmapsに求められる需要の1つは、消費者に大麻についてや、安全で高品質で合法的な大麻製品をどのように入手できるか等を、世界中の消費者に知ってもらうことです」

 

WeedmapsCEOChris Beals氏は言います。

 

「ウィードマップはまた、大麻の合法化を進め、麻薬戦争の影響を最も受けた人々が、合法市場でチャンスを得ることを確保するための中心的なミッションを持っています。この催しは、大麻草や社会におけるその歴史的役割を伝える事で、これらの目標を推進していると考えています」

Weedmaps × Viceの共同創作が織りなす世界観

画像

画像:引用元

もちろん、こうした展示は全て映画やデジタル機器を通じて伝えることができましたが、Virtue社のクリエイティブ・ディレクター、ジョナサン・サントロ氏は、ここでの優先事項は単に注目を集めることだけではないと言います。

画像

画像:引用元

「人々のアテンション・スパンは驚異的に狭く、デジタルやビデオを使ったプラットフォームを通じて興味を手に入れる方法はわかっていますが、一方で、消費者が本当に学ぶことを愛していることもわかっています。彼らは教えられると言うことを好きではありません。長く続く印象を作ることは、人々の興味を得ることよりも重要だとわかっていました。だから、大麻草の歴史に完全に没頭させるために、実際に触れる事ができる身体的な体験がコンピューターには提供不可能な限り、本当に魅力的な体験を通じて消費者を教育する事が私たちにとって最も強力な方向性でした。」と、サントロ氏は述べました。

 

残念ながら、現場で購入できる大麻やCBDはありませんが、カフェがあり、大麻草をテーマにした商品を集めたギフトショップもあります。

 

会期は929日まで、開催場所は720 North Cahuenga, Los Angeles, CA 90038で、オンラインで35ドルでチケットを手に入れることができます。

Chris氏は、「そしてもちろん、今は2019年ですから、インスタ映えするモノが沢山用意してあります。」と言ってますので、LAに旅行がてら、Museum of Weedに立ち寄って、面白い写真をインスタにあげてみれば、いいねが増えるかもしれません。

 

引用元1https://www.thrillist.com/news/nation/weedmaps-museum-of-weed-pop-up?fbclid=IwAR18IXTKMcgKcbnqm1eAR-ZQfsk6fMI2f3lTUy7ThQYax8Zg1KcYjD_ohyo

引用元2https://www.fastcompany.com/90387034/the-museum-of-weed-in-los-angeles-is-a-marketing-hit

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

AUTHORこの記事をかいた人

Yosuke Kogaのアバター Yosuke Koga HTJ 編集長

1996年カリフォルニアで初の医療大麻が解禁。その5年後に現地へ移住し、医療大麻の家庭栽培、薬局への販売などの現場や、それを巡る法律や行政、そして難病、疾患に対し医療大麻を治療に使う患者さん達を「現場」で数多く見てきた、医療大麻のスペシャリスト。

10年間サンフランシスコに在住後、帰国し、医療機関でCBDオイルの啓蒙、販売に従事し、HTJのアドバイザー兼ライターとして参画。グリーンラッシュを黎明期から見続けてきた生き証人。

目次
閉じる