MENU
カテゴリー
緊急開催!今注目の【大藪裁判】徹底解説

カナダヘンプ通商連合が、新理事に Ted Haney 氏を指名

カナダヘンプ通商連合が、新理事に Ted Haney 氏を指名

カナダヘンプ通商連合(CHTA)は、農業経営のベテランであるTed Haney氏を新理事に指名しました。Haney氏は、5月に退任したKim Shukla氏の後継となります。

「Tedの経験、洞察、そして交友関係は、業界のリーダーとして十分であると既に証明されており、彼のこうした力が、今後カナダで生産及び加工されるヘンプが食品や繊維、そして健康食品などの分野で世界のマーケットに大きく拡大するうえで、大きな助けとなるだろう。」と、CHTAのRuss Crawford理事長は声明で述べました。

カナダヘンプ通商連合が、新理事に Ted Haney 氏を指名

Ted Haney氏

農業・食品貿易連合に8年、Haney氏のこれまでの経歴には、経営戦略計画、コーポレートガバナンス、ファイナンス、政府関係、および国際市場開発などがあります。

CHTAは8月1日、アルバータ州カルガリーに、Haney氏が常駐するオフィスを開設しました。

カナダヘンプ貿易連合は、9州にわたる260の農家を代表するNPOで、栽培農家だけでなく、加工業者、流通業者、製品開発や研究者など、急速に成長するカナダのヘンプ産業に関わる人々の代表でもあります。

Crawford氏は、カナダのヘンプ産業は2023年までに10億ドルの売り上げに到達するだろうと述べています。(HEMPTODAY 2018年7月26日)

関連記事:

  1. カナダ連合、新専務理事を探す

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

AUTHORこの記事をかいた人

日本臨床カンナビノイド学会員。北海道ヘンプ協会(HIHA) 法人会員。

美容クリニックで専門医監修の下、CBDオイルを利用したアトピー性皮膚炎の治療を開始。1年間の観察結果からアレルギー数値と、症状の改善がきっかけで大麻の可能性を一人でも多くの方々に知ってもらいたいと思い立ち、編集局員として参加。

「HEMP TODAY JAPAN」を通じて、「世界の大麻産業」の真実を知ってもらう必要があると考えております。

そして、大麻へのマイナスイメージを払拭がされ、医療分野、産業分野問わず、大麻由来製品を誰でも簡単に低コストで利用できる環境を望んでいます。

2017年6月~青山エルクリニックモニター参加。
2018年5月「Hemp Food, Health & Beauty Summit」(HTセンター/ポーランド)。
2018年8月「中国 黒龍江省ヘンプ産業視察ツアー2018」参加。

目次
閉じる