MENU
カテゴリー
HHC 草の根 有識者会議

ヘンポイント社の花栽培が実を結ぶ

ヘンポイント社の花栽培が実を結ぶ

今期の収穫シーズンにはヘンポイント社の農場で20人の労働者が従事有機ヘンプ農場を経営するヘンポイント社(チェコ共和国)は、2017年に8ヘクタール(約20エーカー)の面積で植付した4品種のヘンプの花を収穫、分類し、企業間取引を展開しました。

ヘンポイント社のCEO、ハナ・ガブリエロヴァ氏はヘンプの花の用途について次のように話しています。この花は、抽出用、お茶への加工用、あるいは「ノバコ」生産用となっています。「ノバコ」とは、イタリアやスイスで今年発売された、低THC・高CBDのタバコに似た原材料で、巻きたばこ状などさまざまな形で販売されています。

[収穫の情報を集めています:ヘンプ収穫報告書 2017はこちら]

この秋、ヘンポイント社の花の収穫量は8.4トンで、種子を主な収穫のターゲットとしていた2016年の収穫量である1トンから増加しました。ヘンポイント社が提供しているヘンプの花はCS、サンティカ、フェドーラおよびティグラの4品種となっています。

「昨年の花の生産力は非常に乏しいものでした」とガブリエロヴァ氏は話します。「今年は生産条件を改善し、原材料としての高品質なヘンプフラワーに焦点を当てました。」

ヘンポイント社では、種子についても今年6トンの収穫量を得ており、これらは全て、ヘンポイント社の農場や同社の位置するチェコ共和国のイフラヴァにある他の契約農家から手作業で収穫された有機認証の原材料となっています。 ヘンポイント社は、ヘンプが合法であり、輸送を快諾してくれる業者が利用可能な市場に大量輸送しています。

その他の顧客として、ヘンポイント社は有機ペレットとヘンプの花、カナフェスト 2017でヘンプビールの最高賞を受賞したカ(Kanar)社に供給しています。同社はまた、自社オリジナルブランドやOEM生産として、殻付き、殻なしの種子から作るお菓子、オイル、プロテインパウダー、お茶などを製造しています。ヘンポイント社は認証を受けた種子のブローカーでもあり、ガブリエロヴァ氏はヨーロッパで活躍する大麻やカナビス関連のコンサルタントの一人です。HEMPTODAY 2017年12月27日)

関連記事:

  1. チェコのヘンプクラフトビールが巣立つ
  2. コロラド州の法律事務所がテレビ広告で全国に

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

AUTHORこの記事をかいた人

後藤 大輔のアバター 後藤 大輔 株式会社 Prossimo

株式会社 Prossimo 取締役。日本臨床カンナビノイド学会員。北海道ヘンプ協会(HIHA) 法人会員。

美容クリニックで専門医監修の下、CBDオイルを利用したアトピー性皮膚炎の治療を開始。1年間の観察結果からアレルギー数値と、症状の改善がきっかけで大麻の可能性を一人でも多くの方々に知ってもらいたいと思い立ち、編集局員として参加。

「HEMP TODAY JAPAN」を通じて、「世界の大麻産業」の真実を知ってもらう必要があると考えております。

そして、大麻へのマイナスイメージを払拭がされ、医療分野、産業分野問わず、大麻由来製品を誰でも簡単に低コストで利用できる環境を望んでいます。

2017年6月~青山エルクリニックモニター参加。
2018年5月「Hemp Food, Health & Beauty Summit」(HTセンター/ポーランド)。
2018年8月「中国 黒龍江省ヘンプ産業視察ツアー2018」参加。

目次
閉じる