MENU
カテゴリー
HHC 草の根 有識者会議

米国の新法案はヘンプを完全に合法化する

米国の新法案はヘンプを完全に合法化する

今日、米国議会上院に提出された法案は、産業用大麻栽培のきっかけとなり、その用途に関する調査にかかる費用は連邦政府からの補助が可能となり、農家が農作物に保険かける機会が設けられることになるでしょう。

2018年のヘンプ栽培法案は、米国の規制物質法のスケジュールからヘンプを除外し、各州農務省のガイダンスに沿って独自の体制を作ることが可能となります。ヘンプは現在米国では麻薬取締局の管轄であり、マリファナと同等とみなされているため、違法です。

目次

30以上の州にヘンプ・プログラムが存在している

上院の法案は、2014年に議会が承認した法案に代わるものです。それ以降、以下の30以上の州がヘンプの試験栽培を始めています。 : アラバマ州、アーカンサス州、カリフォルニア州、コロラド州、コネチカット州、デラウェア州、フロリダ州、ハワイ州、イリノイ州、インディアナ州、ケンタッキー州、メイン州、メリーランド州、ミシガン州、ミネソタ州、ミズーリ州、モンタナ州、ネブラスカ州、ネバダ州、ニューハンプシャー州、ニューヨーク州、ノースカロライナ州、ノースダコタ州、オレゴン州、ペンシルベニア州、ロードアイランド州、サウスカロライナ州、テネシー州、ユタ州、バーモント州、バージニア州、ワシントン州、ウエストバージニア州、ワイオミング州。

上院法案を提出したケンタッキー州選出の共和党議員上院議員ミッチ・マコーネル氏は、ヘンプ問題についてジェフ・セッションズ司法長官対談すると2週間前に述べました。セッションズ氏は大麻法改革において長年反対派にある人物です。

HEMPTODAY 2018年4月12日)

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

AUTHORこの記事をかいた人

後藤 大輔のアバター 後藤 大輔 株式会社 Prossimo

株式会社 Prossimo 取締役。日本臨床カンナビノイド学会員。北海道ヘンプ協会(HIHA) 法人会員。

美容クリニックで専門医監修の下、CBDオイルを利用したアトピー性皮膚炎の治療を開始。1年間の観察結果からアレルギー数値と、症状の改善がきっかけで大麻の可能性を一人でも多くの方々に知ってもらいたいと思い立ち、編集局員として参加。

「HEMP TODAY JAPAN」を通じて、「世界の大麻産業」の真実を知ってもらう必要があると考えております。

そして、大麻へのマイナスイメージを払拭がされ、医療分野、産業分野問わず、大麻由来製品を誰でも簡単に低コストで利用できる環境を望んでいます。

2017年6月~青山エルクリニックモニター参加。
2018年5月「Hemp Food, Health & Beauty Summit」(HTセンター/ポーランド)。
2018年8月「中国 黒龍江省ヘンプ産業視察ツアー2018」参加。

目次
閉じる