MENU
カテゴリー
緊急開催!今注目の【大藪裁判】徹底解説

禁止を停止。激動するフランス。事態は一変、ポジティブな方向へ!?

目次

裁判所が喫煙可能なヘンプの花の使用禁止を一時的に停止

フランスの判事は、喫煙可能なヘンプの花の禁止を一時的に解除しました。これは、このような製品が「健康への有害性の程度が、全面的かつ絶対的な禁止措置を正当化するほどではない」ことを示唆しています。

 

「国家諮問委員会の判事は、この全面的かつ絶対的な禁止措置が不釣り合いであることから、その合法性に重大な疑問があると判断した」と、国家諮問委員会は月曜日に声明を発表した。

 

裁判官は、公聴会での専門家の証言によると、THC0.3%の基準値以下のヘンプの花や葉には「麻薬性が無い」としています。これは、現在THC0.2%の基準値で運営されているEUではすでに確立された判断であり、2023年には0.3%に引き上げられる予定です。

すでに確立されている0.3%THC

禁止令の合法性を問うにあたり、裁判所は、THC0.3%という基準値が、フランスのヘンプの栽培、輸入、輸出、産業・商業利用に関する規則ですでに確立されていることも強調しました。

 

「この基準値は、栽培、輸入、輸出、工業的使用を許可された大麻植物を特徴づけるために、争われた法令自体が保持しているものである」と裁判所は述べています。

 

花の使用禁止は、昨年発行された政令に含まれていたもので、CBDを加工するための花を含む大麻植物のすべての部分を合法化するものでした。しかし、この政令は、「公序良俗」と「公衆衛生」を考慮して、ヘンプの葉や花の生の状態での消費者への販売を特に禁止しています。

 

現在停止されている規定によると、「生の花や葉を、単独で、あるいは他の成分と混ぜて、特に喫煙製品、ハーブティー、ポプリとして、消費者に販売すること、消費者が所持すること、消費することを禁止する」とされています。

EUとの整合性は?CBDの自由取引へ

1990年に制定されたヘンプに関する規定を更新した今回の政令は、基本的には、昨年末に欧州司法裁判所(ECJ)が下した画期的な判決を、フランスがどのように遵守するかを示す概要である。欧州司法裁判所は、ヘンプの葉や花から抽出したエキスやそれに含まれるCBDは麻薬ではなく、EU加盟国間で自由に取引できると判断しました。

 

この判決を受けて、欧州委員会は、CBDを麻薬とみなすという従来の見解を覆しました。これらの動きを受けて、加盟国は国内の法律や規制を見直し、調整することになりました。

ヘンプ農家と業界団体が立ちむかった先

昨年、フランスで更新された法令は、潜在的価値が7億ユーロから10億ユーロと推定されるフランスのCBD市場を開拓したことで、関係者からは歓迎されましたが、花や葉の使用を禁止したことで、ヘンプ農家や業界団体を激怒させました。

 

フランスの業界団体「Syndicat du Chanvre」と「Union des Professionnels du CBD」が中心となって、この禁止令に反対しています。この禁止令は、タバコに似た巻きタバコやルーズリーフパウチの形で販売できるスモーカブルヘンプの潜在的な利益を生むサブセクターを縮めるものだと指摘しています。

この規定の合法性については、フランスの最高裁判所を含む国家評議会が最終的な判断を下す。

 

ヨーロッパでも有数のヘンプ生産国であるフランスでは、昨年の政令が施行されるまでは、ヘンプの種子や茎の栽培・加工のみが許可されていました。同国のヘンプ産業は、主に麻の茎からの製品と、栽培用の種子が中心でした。欧州連合が認証したヘンプの種の品種カタログでは、フランス産の栽培用種子が圧倒的に多いことがそれを物語ってます。

 

 

goto
花から抽出した製品が禁止。となったニュースは大変記憶に新しいですが、農家さんと業界団体が黙っちゃいませんでした。当然かと思います。今、その禁止が一時的とはいえ、停止された状態で商流は戻り販売も再開できているとのことです。このようなダイナミックな動きって日本ですとなかなか想像できません。日本の場合一度決まったらもう戻せない感があります。石橋を叩きルールを決めることはとても大事なことですが、今回のフランスのようにフレキシブルに対応できたのは素晴らしい動きかと思います。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

AUTHORこの記事をかいた人

日本臨床カンナビノイド学会員。北海道ヘンプ協会(HIHA) 法人会員。

美容クリニックで専門医監修の下、CBDオイルを利用したアトピー性皮膚炎の治療を開始。1年間の観察結果からアレルギー数値と、症状の改善がきっかけで大麻の可能性を一人でも多くの方々に知ってもらいたいと思い立ち、編集局員として参加。

「HEMP TODAY JAPAN」を通じて、「世界の大麻産業」の真実を知ってもらう必要があると考えております。

そして、大麻へのマイナスイメージを払拭がされ、医療分野、産業分野問わず、大麻由来製品を誰でも簡単に低コストで利用できる環境を望んでいます。

2017年6月~青山エルクリニックモニター参加。
2018年5月「Hemp Food, Health & Beauty Summit」(HTセンター/ポーランド)。
2018年8月「中国 黒龍江省ヘンプ産業視察ツアー2018」参加。

目次
閉じる