MENU
カテゴリー
緊急開催!今注目の【大藪裁判】徹底解説

カンナビノイド関連の学術論文支援額を20万円に増額

目次

日本にもカンナビノイド/大麻の基礎研究が存在

 

日本臨床カンナビノイド学会は、今月121日からカンナビノイド成分及び大麻植物の医療利用に関する日本在住の研究者への研究支援を従来の上限5万円から20万円に拡充しました。

 

カンナビノイドとは、大麻植物に含まれる100種類以上の特異成分であり、1990年代に内因性カンナビノイド・システムの発見によって神経及び免疫等の体内調節に重要な役割があることが解明されつつあり、この分野での研究が急速に進展しています。例えば、米国立医学図書館(National Library of Medicine)が作成している医学文献データベース「PubMed(パブメド)」では、カンナビノイドで検索すると、2008年以降、毎年1000件以上の学術論文が出版されていることがわかります。

 

内因性カンナビノイドに関する基礎研究は、大麻由来のカンナビノイドの取り扱うための大麻研究者免許が不要なため、比較的自由に研究ができます。例えば、日本学術振興会が実施している競争的研究資金「科研費」では、“カンナビノイド”で検索すると、2010年以降、302件の研究課題が採択されており、味覚、ストレス、神経科学、疼痛、薬物依存などの領域で基礎研究に取り組まれていることがわかります。

 

特にエンドカンナビノイド・システムを25年に渡って研究してきた香川大学医学部の上田夏生教授は、THCCBDを発見したイスラエルの科学者ミシューラム博士の冠をもった国際カンナビノイド研究学会賞を2021年に日本人で初めて受賞しています。この受賞を記念して、第7回日本臨床カンナビノイド学会学術集会で記念講演を国内でも実施しています。

 

図:医学文献データベース「PubMed」による大麻関連研究の論文数推移 

研究環境の改善の兆し

 

 一方、我が国では、1948年の大麻取締法による規制のため、海外で承認された大麻由来の医薬品輸入が禁止されており、ごく一部の薬学部を除いて、該当分野の研究があまり進展していませんでした。しかし、20211月から6月に実施された厚生労働省による「大麻等の薬物対策のあり方検討会」において、大麻由来の医薬品の合法化の方針(注1)が示され、202110月には厚生労働省研究班による大麻由来の医薬品の治験に向けた報告書が取りまとめられています(注2)。

 

 さらに、大麻草に含まれるCBD(カンナビジオール)は、我が国において、20204月から厚生労働省関東厚生局のホームページで輸入手続きが明文化(注3)され、食品・化粧品・電子タバコなどの製品として流通しており、新しい機能性成分としていくつかの大学で研究が進められています。

  

学術論文投稿支援額を5万円から20万円に拡充

 

日本臨床カンナビノイド学会では、このような状況を鑑みて、日本在住の研究者の能力向上及び人材育成のために、一定の条件を満たす医学・薬学系の研究者(大学院生及び学部生を含む)であれば、研究活動の一部を支援強化することを決定しました。今年度からは、従来からの国際会議参加支援に加えて、学術論文投稿支援額がこれまでの5万円を20万円に拡充しました。研究支援のメニューは、次の3通りになります。

 

募集期間:2021121日から2022630日まで

コース : (1)国際会議発表者、(235歳以下の若手参加者、(3)論文投稿者

支援額 : (1)上限20万円、(2)上限10万円、(3)上限20万円

対象費用: (1)(2)渡航費、宿泊費、会議参加費、(3)英語論文の翻訳/校正/投稿料

 

詳しい応募条件は、日本臨床カンナビノイド学会のサイトを参照してください。

http://cannabis.kenkyuukai.jp/special/?id=27059  

 

本支援がユニークなのは、(1)は自ら所属する専門学会の国際会議を認めている点であり、(2)の若手参加者には、国際会議発表を必須とせず、参加するだけでもよいというメニューであること、(3)は他の科研費などの支援金との重複や補完を認めていることで、研究者にとって非常に使い勝手がよい支援制度となっています。本制度に関心のある方、日本のカンナビノイドおよび大麻関連研究の進展に貢献したい方からの応募を随時受け付けています。

 

 

1 大麻等の薬物対策のあり方検討会

https://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/other-syokuhin_436610_00005.html 

 

2 難治性てんかんにおけるカンナビノイド(大麻抽出成分)由来医薬品の治験に向けた課題把握および今後の方策に向けた研究(研究成果)

http://cannabis.kenkyuukai.jp/information/information_detail.asp?id=118353 

 

3 厚生労働省 CBD(カンナビジオール)を含有する製品について

https://www.ncd.mhlw.go.jp/cbd.html

 

 

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

AUTHORこの記事をかいた人

2015年9月に設立された、カンナビノイドの臨床研究を目的とした学会。編著「カンナビノドの科学」(築地書館)を同時に刊行した。
同年12月末には、一般社団法人化し、それ以降、毎年、春の学術セミナーと秋の学術集会の年2回の学会を開催している。

2016年からは、国際カンナビノイド医療学会; International Association for Cannabinoid Medicines (IACM)の正式な日本支部となっている。

2019年7月時点で、正会員(医療従事者、研究者)67名、賛助法人会員12名、 賛助個人会員23名、合計102名を有する。

http://cannabis.kenkyuukai.jp/

目次
閉じる