MENU
カテゴリー
CBDオフ会 Vol.4 (今回は夕方と夜の2部制)

日本臨床カンナビノイド学会 第7回学術集会を11月14日(日)に開催

 

日本臨床カンナビノイド学会(新垣実理事長)は、211114日(日)にZOOM(オンライン)にて、第7回秋の学術集会を開催します。大会長は、太組一朗(本学会理事、聖マリアンナ医科大学准教授)です。

 

目次

大会挨拶

 

「コロナ禍の中、本学会が設立して6年目の2021年度はカンナビノイドを巡る状況は大きな前進がありました。211月から6月に厚労省『大麻等の薬物対策のあり方検討会』が全8回開催され、大麻の成分を含む医薬品の製造や利用を可能とすべきという合法化の方針が示されました。

 

また、当方が研究代表者を務めた厚労省研究班の皆様の協力によってカンナビノイド医薬品の治験に向けた課題整理を行うことができました。

 

本大会では、世界的なバイオ医薬品企業に成長し、日本に進出したGW Pharmaceuticalsの方をお招きし、カンナビノイド製剤の最新情報と未来への展望について紹介します。各演題発表を通じて、カンナビノイド医学および医療に関する活発かつ有意義な情報交換が行われることを期待しております。」

 

大会長:太組一朗

プログラム

 

基調講演 

日本初の難治性てんかんにおけるカンナビノイド(大麻抽出成分)由来医薬品の治験に向けた課題と今後-厚労省研究班の研究成果より-

太組一朗(聖マリアンナ医科大学准教授)

 

13:40  招へい講演 

日本に進出したGW Pharmaceuticalsによるカンナビノイドの科学的研究と製薬

篠原久治(GW Pharma 株式会社 代表取締役社長)

参考 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000002.000077559.html

 

 

14:40  会議報告

10回国際カンナビノイド医療学会(ICAM)参加報告

新垣実(新美会新垣形成外科、本学会理事長)

 

15:00  休憩

15:15  一般演題 SNSを活用した市中大麻使用者における大麻関連健康被害に関する実態調査

正高佑志(一般社団法人Green Zone Japan代表理事、医師)

 

 

15:35  一般演題 ペットで試したCBDオイルを、飼主が家族内でも使用し始めたケース

小関隆(モバイル・アニマル・クリニック院長 獣医師)

 

15:55  一般演題 臨床CBDオイル研究会の取り組みと臨床症例報告

飯塚浩(メディカルストレスケア飯塚クリニック・臨床CBDオイル研究会代表)

 

16:20  教育講演

祝・国際カンナビノイド研究学会(ICRSMechoulam賞(学会賞)受賞記念

25年に渡るエンドカンナビノイド・システムの研究成果

上田夏生(香川大学医学部教授)

参考 https://www.kagawa-u.ac.jp/27297/27325/

 

18:00 懇親会 学術集会とは別の ZOOM ミーティングアドレスで入室します。

 

  • 本学会会員でなくても、一般参加は可能です。

詳細はこちらから手続きをお願いします 。

http://cannabis.kenkyuukai.jp/event/event_detail.asp?id=51107

 

 

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

AUTHORこの記事をかいた人

2015年9月に設立された、カンナビノイドの臨床研究を目的とした学会。編著「カンナビノドの科学」(築地書館)を同時に刊行した。
同年12月末には、一般社団法人化し、それ以降、毎年、春の学術セミナーと秋の学術集会の年2回の学会を開催している。

2016年からは、国際カンナビノイド医療学会; International Association for Cannabinoid Medicines (IACM)の正式な日本支部となっている。

2019年7月時点で、正会員(医療従事者、研究者)67名、賛助法人会員12名、 賛助個人会員23名、合計102名を有する。

http://cannabis.kenkyuukai.jp/

目次
閉じる