MENU
カテゴリー
CBDオフ会 Vol.4 (今回は夕方と夜の2部制)

まさかの「世界初」だった「生ヘンプテルペンシーシャ」極上の寛ぎ空間が誘う新たなシーシャの世界

画像

目次

HubbleBubble×HTJ×CBD部

925日、HubbleBubble 新宿本店(ビル7階)にて行われたテルペンシーシャの「HubbleBubble×HTJ×CBD部」の共同イベント。イベントはお昼でしたが、既にご来店頂いた方ならご存知かと思いますが、夜の雰囲気も抜群な店内、はんなりと照らすフットライト、ごろんと横になれるセッティングの良い室内、そして漂う「美味しい」シーシャの香り。

そして、極め付けは「人をダメにするクッションYOGIBO達」がゆったりと店内に整えられています。

画像

そんな中で割と真面目な話を。。というイベントではありましたが、これがカンナビノイド業界の良きところ、「リラックスありき」でプレゼン、ディスカッションを進めさせて頂きました。

(もちろん内容は真面目です。)

HempTODAY JAPANのご挨拶も兼ね、編集長の古賀が当ニュースメディアとグローバルな連携、そして、HEMP産業の今と今後をプレゼンさせて頂きました。

画像

中でも、ヘンプ繊維のこれからの話や、内因性カンナビノイドの栄養ともなるヘンプシードとヘンプシードオイルの話など、テルペンに限らず、お話しさせて頂きました。皆さんCBDもヘンプシードもどちらも摂取して相乗効果をあげていきましょう。

参考記事:

https://hempfoods.jp/dear_earth/2019/05/19/cbd-with-hempseedoil/

その間、皆様にシーシャのみをセッティングし試飲して頂きながらお話を聞いて頂く形に。

続いて、Terpene430発祥の地、南フランスに先日視察に向かったHTJチェコ支部のレポーターからzoomで中継プレゼン。

南フランスのファームの規模感やプロヴァンス地方の気候や精油の聖地である所以の説明、オーガニックへの徹底したこだわり、テルペンへのこだわりなど、スライドを交えて解説をさせていただきながら、、

画像

Terpen430を各席で試しに嗅いで頂き、お好きなテルペンをチョイスして頂きました。

すでに皆さんリラックスをしながらお話を聞いてくださっていたので、それからテルペンシーシャもすんなりと試飲していただく流れに。

画像

テルペンシーシャを試飲していただいた瞬間、最初に皆さんの表情は「はっ」とか「あ、あれ?」と驚き笑いな顔をされる方が多かったですが、その瞬間、ご提供側としては、とてもニコニコしてしまいます。

そして、「後からテルペンがくるのが分かる」や「浮遊感がきた」、「あたたかい感じ」などなど、皆さまそれぞれの感情に響いたことをコメントをしてくださいました。

画像

「ヘンプテルペン」をシーシャへ配合する際にあたり、最初は揮発してしまうのではないかと心配してましたが、そこはオーナーである岩本氏の配合努力もあって、皆様に満足いただけたテルペンシーシャのご提供を実現されてました。大変嬉しい限りです。

画像

HubbleBubbleでは、テルペンがレギュラーメニューに

今後レギュラーメニューとして、Terpen430を置いて頂けるということでしたので、普段とはちょっと違ったシーシャを楽しみたい方、是非、お立ち寄りくださいませ。

毎年香りが進化・変化していくTerpen430エディションをHubbleBubbleさんが提供されるシーシャと共に楽しめる機会ができたことを大変嬉しく思います。

画像

ちなみに、今回配合したテルペンは、Grils Scout Cookies(現在在庫切れで次の予約まで完売してしまいまして、次の次の入荷が12月末となります。)と森林の香りとフルーツの香りの融合がたまらないFUTURA75、そして、ラインナップの中ではミルセン含有量が一番高いCherry Wineでした。

画像

各品種ごと、いろいろな顔がありますので、この機会に是非、Terpene430をいろいろな製品と合わせて活用されてみてはいかがでしょう。

 

次のイベントは?

さて、最後になりますが、そろそろハロウィンパーティーの日が近づいてきておりますが、今回テルペンシーシャでインベントをさせて頂いたHubbleBubbleさんが、CBD部さんと共同で「ハロウィンCBDスイーツフェス」を開催されるようです。

画像

参加されるCBD企業様は全5社様、グミ、クッキー、チョコレート、そしてジュレやタブレットまで。どれもワクワクするラインナップです。

画像

CBDグミのChloni (クローニ)さん。Makuakeで一番売れているグミだそうで、糖質抑えたナチュラル成分という点も大変魅力的です。柚子レモン味なのでリモネンが盛りだくさんですね、CBDとのアントラージュで「あがる」感じが想像できます。

画像

CBDクッキーのTOKYO HAZEさん。Twitterで呟いたら常に即売してしまうという人気のクッキー、こちらが試食できるということなので、喜ばしいですね。初出しの「CBDキャラメル」ももしかしたら試食できるかもしれないとのことです。

 

画像

ほうじ茶✖︎CBDチョコレートの THE CBD(麻田製薬)さんは、 茶葉もチョコレートも品質にこだわった逸品、日本伝統とグアテマラのカカオの融合はどんな味に仕上がったのかとても気になります。

 

画像

CBDタブレット Pocket Chill Timeのポケチル :さん。CBDマイクロドージング にも!『CBDは低配合を上手く使うと面白い!!』というようにマイクロドージングによる体感も提唱されております。いつでもどこでもCBD、そして舌下で吸収。という、手軽さが良いですよね。

画像

ナイトシーンのリラックス補給食/CBDジュレ飲料のkotomoriさん。ジュレ飲料という補給できるリラックスの新しい形とのことで、舌下吸収率を考えての製品なのです、天然ハーブを含有して味だけに限らずベッドシーンでの手軽なリラックスをご提案されてらっしゃいます。

 

 

イベントは下記のリンクからお申し込みできます。(なんと、無料)

https://halloween-cbd-sweets-fes.peatix.com/

Terpene 430のリンクはコチラです。

https://terpene430.jp/

以上、テルペンシーシャのイベントのレポート(+ハロウィンイベントの告知)でした!

最後の最後に、やっぱり、カンナビノイド製品を実食するなら、セッティングは重要ですね。寝転がりながらの〜。って素敵な体験でした(笑)

業界もどんどんポップに鮮やかになってきてますね〜、非常に嬉しい限りです。
みなさんで、どんどんヘンプ業界、CBD業界を盛り上げていきましょう!!

それでは、また、どこかのイベントでお会いしましょう!!

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

AUTHORこの記事をかいた人

後藤 大輔のアバター 後藤 大輔 株式会社 Prossimo

株式会社 Prossimo 取締役。日本臨床カンナビノイド学会員。北海道ヘンプ協会(HIHA) 法人会員。

美容クリニックで専門医監修の下、CBDオイルを利用したアトピー性皮膚炎の治療を開始。1年間の観察結果からアレルギー数値と、症状の改善がきっかけで大麻の可能性を一人でも多くの方々に知ってもらいたいと思い立ち、編集局員として参加。

「HEMP TODAY JAPAN」を通じて、「世界の大麻産業」の真実を知ってもらう必要があると考えております。

そして、大麻へのマイナスイメージを払拭がされ、医療分野、産業分野問わず、大麻由来製品を誰でも簡単に低コストで利用できる環境を望んでいます。

2017年6月~青山エルクリニックモニター参加。
2018年5月「Hemp Food, Health & Beauty Summit」(HTセンター/ポーランド)。
2018年8月「中国 黒龍江省ヘンプ産業視察ツアー2018」参加。

目次
閉じる