MENU
カテゴリー
CBDオフ会 Vol.4 (今回は夕方と夜の2部制)

全米ヘンプ協会がホワイトハウスに報告・ ヘンプの繊維と種子は2030年までに3.6兆円のインパクト

画像

目次

2030年までに3.6兆円の経済効果

全米ヘンプ協会(NHA)は、ホワイトハウスの国内政策室からの要請を受けて、

“Building the Sustainable Hemp Industry in the United States”(米国における持続可能なヘンプ産業の構築) を発表しました。

 

この報告書は先週ホワイトハウスに提出され、2030年までに3.6兆円(320億ドル)の影響が予測される、ヘンプの繊維と種子を中心とした新しい持続可能な経済を確立するための道筋を示しています。

 

NHA会長のジェフ・ウェイリング氏は、「2018年の農業法案が可決される前、政府の禁止と誤解により、ヘンプは85年以上も私たちの風景から姿を消していました」と述べています。「この不在により、この持続可能な商品は、アメリカの他の商品が受けてきた研究、技術、インセンティブ、投資の恩恵を受けることができませんでした。私たちは多くのことを成し遂げなければなりません」と述べています。

 

この報告書には、NHA会員からバイデン大統領へのビデオメッセージがまとめられており、この業界に注目し、成功例を強調し、国内のヘンプ繊維と種子のサプライチェーンを構築しようとしている人々の、ヘンプに対する幅広い国民的関心を示しています。

 

IND HEMPの共同設立者兼COOのモーガン・エリオット氏は、「私たちはこれをヘンプの良さと呼んでいます」と語ります。エリオット家は、数千万ドルを投資して、モンタナ州フォートベントンに、商業的に拡張可能な初のヘンプの脱穀と食品・飼料・油脂の加工場を設立しました。 「ヘンプが発展するためには、支持的で進歩的な政権、資金の豊富な研究、公正な規制、そして時間が必要です。 しかし、少しの助けと適切な技術への投資があれば、ヘンプは世界とまではいかなくても、国を変える根源を持っているのです」。

 

大統領へのメッセージ

NHAソーシャル・エクイティ・メンバーのフェイ・コールマン氏は、ニュージャージー州を拠点とするPure Genesis社の共同設立者兼CEOとしての活動について大統領にメッセージを送りました。「私たちの目的は、HBCU(歴史的黒人大学)やコミュニティ・カレッジ、コミュニティ・リーダーと協力して、ヘンプに関する総合的なカリキュラムを組み込むことで、ヘンプの価値をコミュニティに伝えることです」とコールマンはメッセージの中で述べています。また、新たに選出された社会的公正委員会の委員長であるカルビン・フライ氏は、「この素晴らしい産業に参加することを求めるのは、私の義務であり責務です」と述べました。

 

大統領に向けたメッセージの中には、2人のCEOからのメッセージもありました。 Big Sun HoldingsHN Inc.の子会社、旧Hyundai BS&C)のCEOであるマイケル・ウッズ氏は、3Dプリント建設会社であるブラックバッファローのCEOでもあり、より持続可能なセメント「インク」の代替品を市場に投入するために、一貫したヘンプのサプライチェーンを必要としています。ブラックバッファロー3D社は、建設業者、デベロッパー、コントラクターが同社の3Dコンストラクションプリンターを使って、24時間で手頃な価格の住宅の縦壁をプリントできるなど、オンデマンドでインフラ部品を作成できるようにするために、材料科学への投資を行う意向を表明しました。

 

もうひとつのメッセージは、30年以上にわたってヘンプを研究してきたペンシルバニア州の農家、スティーブ・グロフ氏からのものです。グロフ氏は、ランカスター郡のヘンプ農場の中で、大統領に「一般教書演説で緑肥作物(カバークロップ)の推進について話しているのを聞いて、とても元気が出ました」と語りました。グロフ氏は再生農法を用いて、CO2を隔離するヘンプ作物を不耕起で栽培し、環境を強化し、CO2を削減し、栄養価の高い農産物を生産する、有機農法よりもさらに優れた、信じられないほど栄養価の高い土壌を作り出しています。

 

輪作を提案

全米ヘンプ協会(NHA)の経済効果報告書は、適切な教育、収穫、加工設備があれば、現在トウモロコシ、大豆、小麦を輪作している農家にとって、ヘンプがもう一つの輪作作物になるという前提で作成されています。 この調査を監修したNHA事務局長のエリカ・スターク氏は、「10年後には、これらの畑の5%をヘンプの輪作に変えるだけで、1,0001,200万エーカー(404万~485ha)のヘンプが栽培されることになります」と語る。

 

この作物を処理するためには、現在の技術では、全国に525カ所の1次加工場を設置する必要があります。“IND HEMP “の例では、農村地域の生活を大きく変えることになります」とスターク氏はコメントしています。「何百万エーカーもの土地を耕すことで、気候変動の緩和や土壌の健全性の向上など、プラスの効果が期待できることは言うまでもありません。生産される最終製品は、より良く、より強く、より持続可能なものになるでしょう」。

 

ウェイリング氏は、大統領へのメッセージとして、大統領府の支援があれば、「アメリカの次の天然資源」を構築することができると述べ、「大統領、ヘンプがお役に立ちます!」と付け加えました。

 

報告書の内容の要約は、全米ヘンプ協会のウェブサイトでご覧いただけます。

https://nationalhempassociation.org/wp-content/uploads/NHA-Economic-Impact.pdf

 

大統領へのビデオメッセージはこちらをご覧ください。

https://www.youtube.com/watch?v=HpGvgLBiyUM

 

本記事は、NHA21915日発表したプレスリリースを参照しています。

 

全米ヘンプ協会(National Hemp Association)について

NHAは、ワシントンD.C.に本拠地を置き、5万人以上の支持者と会員を擁する非営利法人で、国内のヘンプ産業の発展を目指しています。この目標は、法律、農業団体、農家、加工業者、製造業者、小売業者を調整することによって達成されます。ヘンプ産業の振興は、ヘンプ農業と製品の生産と利用を通じて環境を改善したいという思いと一致しています。私たちが使用する製品と土地の管理責任には直接的な関係があると考えています。www.nationalhempassociation.org

 

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

AUTHORこの記事をかいた人

Yosuke Kogaのアバター Yosuke Koga HTJ 編集長

1996年カリフォルニアで初の医療大麻が解禁。その5年後に現地へ移住し、医療大麻の家庭栽培、薬局への販売などの現場や、それを巡る法律や行政、そして難病、疾患に対し医療大麻を治療に使う患者さん達を「現場」で数多く見てきた、医療大麻のスペシャリスト。

10年間サンフランシスコに在住後、帰国し、医療機関でCBDオイルの啓蒙、販売に従事し、HTJのアドバイザー兼ライターとして参画。グリーンラッシュを黎明期から見続けてきた生き証人。

目次
閉じる