MENU
カテゴリー
緊急開催!今注目の【大藪裁判】徹底解説

欧州委員会が新規食品の承認を再開「CBDは食品。麻薬ではない」

画像

 

欧州委員会(EC)は、CBDに関する暫定評価を覆し、「この化合物は麻薬ではない」と述べました。この逆転は、欧州連合司法裁判所(ECJ)が下した、「CBDは麻薬と見なすことはできず、CBD製品は他の合法的な製品と同じように加盟国間および加盟国間で商品の自由な移動を享受すべきである」との判決を受けて決定されました。

欧州委員会は、水曜日に発表した書簡の中で、CBDは「食品としての資格を得ることができる」と述べ、一時停止されていた新規食品の承認を再開すると見られます。

国連麻薬委員会が大麻のスケジュールを変更した同じ日に発表された今回の逆転劇に、欧州産業用大麻協会(EIHA)のダニエル・クルーゼ会長は、欧州委員会の方針転換について「今週二つ目のこの決定は、大麻産業界にとってさらに重要です。 」と、述べています。

目次

委員会の書簡

この書簡は、CBDを製造および販売するメンバーを支援するためにEIHAによって設立されたコンソーシアムである EIHAプロジェクトGmbHに送られてきました。

書簡の中で、委員会は次のように述べています。「申請者から受け取ったコメントと、裁判所の判決に照らし、委員会は暫定評価を検討し、カンナビジオールは、向精神薬効果がない限り、1961年の麻薬に関する単一条約の定める薬物と見なされるべきではないと結論付けました。結果として、カンナビジオールは、規制(EC)No178 / 2002の第2条の他の条件も満たされていれば、食品として認定することができます。

同協会は、会員への新規食品承認手続きのコストを削減する方法として、コンソーシアムを結成しました。

EIHA新規食品コンソーシアムは、新規食品の安全基準を満たすことにより、欧州連合加盟国におけるヘンプ食品と抽出物(CBDを含む)の道を切り開くことを目的としてきました。

「CBDが食品として分類されるようになった今、私たちはEIHAコンソーシアムからの新しい食品アプリケーションでCBDを新規食品として承認するという完璧な立場にあります。私たちはようやく、この成長産業の安全基準と評価を手にしました。」とEIHAのマネージングディレクターであるLorenza Romanese氏は述べています。

CBDを麻薬と呼んだ欧州委員会の「暫定評価」によって、コンソーシアムは新規食品申請を保留されていますが、その立場が逆転したことで、コンソーシアムの申請は、前進すると見られます。

保健・食品衛生総局のユニット・リーダーであるブルーノ・ゴートレイス氏は、EIHA Project GmbHコンソーシアムの Antonio Conto氏に対し、「申請の有効性の検証が再開されたことを、ここにお知らせします」と、通知を送っています。

 

2つの歴史的な決定が大麻を前進させたこの日、EIHAのクルーゼ会長は、

Daniel Kruse氏
欧州委員会の決定は、私たちの業界にとって画期的なものです。

EIHAの会長として、また26年にわたるヘンプ産業のパイオニアとして、これらの素晴らしいクリスマスプレゼントについて、国連と欧州委員会の両方に心からの感謝を表したいと思います。

と、述べました。

混乱は回避

今年夏の委員会の暫定調査結果では、非医療用CBDや、ヘンプの花から作られたその他の天然のヘンプ抽出物(ヘンプ食品、栄養補助食品、化粧品)は、EUでは麻薬と見なされるべきであるとされました。

しかし、近頃欧州高等裁判所によって下された、CBDは麻薬ではないという決定は、欧州委員会を含む各EU機関を拘束しています。

産業関係者たちは、もし委員会がその立場を変えなかったならば、とセクターの混乱を恐れていました。

新規食品承認プロセスへの影響に止まらず、今回のCBDに対する欧州委員会の方針転換は、CBDに影響を与える国内法および規制の明確化や、急速な成長につながる市場でのCBDの幅広い受け入れ、およびセクターへの継続的な投資などへのステージを作りました。

何年もの間、CBD製品はヨーロッパでも容易に入手可能でしたが、不明確な規則が、多くの国の一部の店主や生産者に法的問題を引き起こしました。大胆な投資家はヨーロッパのCBD業界にもいましたが、基本的な規制が整った今、もっと多くの投資家が集まるかもしれません。

 

引用元:https://hemptoday.net/european-commission-reverses-position-cbd-not-a-narcotic/

 

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

AUTHORこの記事をかいた人

Yosuke Kogaのアバター Yosuke Koga HTJ 編集長

1996年カリフォルニアで初の医療大麻が解禁。その5年後に現地へ移住し、医療大麻の家庭栽培、薬局への販売などの現場や、それを巡る法律や行政、そして難病、疾患に対し医療大麻を治療に使う患者さん達を「現場」で数多く見てきた、医療大麻のスペシャリスト。

10年間サンフランシスコに在住後、帰国し、医療機関でCBDオイルの啓蒙、販売に従事し、HTJのアドバイザー兼ライターとして参画。グリーンラッシュを黎明期から見続けてきた生き証人。

目次
閉じる