MENU
カテゴリー
緊急開催!今注目の【大藪裁判】徹底解説

コラム:なぜ農水省はヘンプ農業復活のために闘わないのか?

画像

 

Patric Collins

もちろん農水省は国内農業に力を入れていますが、その指導者は他国の動向をよく知らなければなりません。

 

近年の農水省の大きな成功は日本の食品の輸出ですが、その裏には、他国の食品市場の動向をよく把握するための、海外諸国の活動に関する、絶え間ない情報収集があるはずです。

 

ですから現在、少なくとも農水省職員の中には、アメリカ連邦政府が80年に渡って行ってきたヘンプに対する禁止キャンペーンが放棄されただけでなく、実際には逆転してしまったことを知っている人もいるはずです。

目次

既にヘンプは全米で2019年から合法化

アメリカの各州政府は現在、農家にヘンプの栽培を積極的に奨励しています。 その一例として、ミズーリ州は最近、ヘンプの栽培方法を決定しました。ヘンプの栽培や加工の許可を得るための市民のための「産業用ヘンプ・プログラム」のオンライン説明はこちらです。

https://agriculture.mo.gov/plants/industrial-hemp/online-outreach-03172020.pdf

 

このプログラムは完全にシンプルで分かりやすく、他のアメリカの州やヨーロッパの国、オーストラリア、ニュージーランドなどでも同様のプログラムが行われており、様々な用途での産業用ヘンプの安全な栽培を促進するように設計されています。 これらの他の規制制度の多くは、インターネット上でも見ることができ、そのコンセプトも似ています。

 

画像

引用元

 

自動車や航空機の安全性など、他の規制制度との整合性を確保するための基準を定めています。つまり、関連する活動が安全であることを保証するための標準的な手順と、活動が規則に準拠しているかどうかをチェックする方法を定義しているのです。これらの規則は、どの国でも完全に満足できるものです。

 

したがって厚労省が、「このようなシステムを導入することは日本にとって難しすぎたり、危険であったり、費用がかかりすぎてメリットを上回るものではない」と言い続けているのは、馬鹿げています。

 

他の国でも、ヘンプ栽培の最適化や、建築材料や燃料用のバイオマスからプラスチック製造、ヘンプに含まれる100種類以上の植物性カンナビノイドの健康効果まで、様々な用途のためのヘンプ植物の加工に関する幅広い研究が行われています。

日本の栽培規制は米国GHQがきっかけ

よく知られているように、日本ではヘンプ栽培を禁止する法律が1948年にアメリカのGHQによって強行採決されました

 

アメリカ政府は、「ヘンプは医学的価値のない危険な植物である」という80年来の主張を覆したのですから、農水省は、大麻禁止キャンペーンが最初から捏造だったという事実を直視する時が来たのです。

何十年にもわたって、1,000種類ものヘンプは危険すぎて許可できないという嘘をついてきたのですから。

 

日本での栽培ですが、真実は逆です。 ヘンプは世界で最も有用で価値のある植物の一つであり、特に日本では何千年も前からよく知られていたように、幅広い効能を持つ薬草です。

 

画像

引用元

また、日本では未利用の農地が年々増加しており、農家の平均年齢も上昇し続けているため、ヘンプが栽培しやすいことは大きな利点です。

また、日本での栽培や加工を最適化するためには、どのような種子の種類、いつ植えるか、どのような土壌、水やりやその他の条件が必要か、種子や油分、繊維、あるいは急成長するバイオマスのための茎など、研究しなければならないことがたくさんあります。

したがって、農水省は、日本全国の栽培と研究を奨励するための予算と計画を早急に作成すべきです。

ヘンプは厚労省から農水省の管理下へ

日本の農水省は他国の農務省のように、多くの小規模農家に安定した市場を提供し、情報を提供する一方で、独占的であるがゆえに、顧客の政治的・経済的利益を優先する傾向があり、競争がないためにイノベーションに弱いという長所と短所があります。

 

最近の「パンデミック」は、グローバル化に逆行する大きな打撃となり、輸入に頼ることの危険性を明らかにした。 食糧供給は、このような理解から恩恵を受けるべき分野の一つです。

 

さらに、失業率の大幅な上昇と政府の「外出自粛」政策の巨額の費用を考えると、経済成長を復活させるために経済を刺激する必要性が急務となるでしょう。 これらは、農水省が、国際的な安全基準で定義された産業用ヘンプを、陶酔性のあるマリファナから合法的に分離することで、米国連邦政府に追随するよう政府に圧力をかけることで、革新的な取り組みになります。

 

これにより、ヘンプは農水省の単独管理下にある純粋な農作物となり、厚労省から完全に排除されることになります。

厚労省の無責任な職員は、農業や農村再生について何も知らず、何も気にしていないことを示しており、日本国民や農業の健康よりも製薬会社の利益を優先させる口実として大麻取締法を利用しているだけなので、私の提案する農水省のアクションプランは、非常に望ましいことでなのです。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

AUTHORこの記事をかいた人

パトリック コリンズのアバター パトリック コリンズ 麻布大学 名誉教授

麻布大学・名誉教授。

1952年イギリス生まれ。ケンブリッジ大学で理学と経済学を学んだ後、インペリアル・カレッジの経営学部にて修士号、博士号を取得。日本の麻に興味を持ち、麻が地方を創生し、しかも地球環境にとっても優れたビジネスであるという立場で研究を続けている。

目次
閉じる