MENU
カテゴリー
緊急開催!今注目の【大藪裁判】徹底解説

「Butik」がヘンプを用いたライフスタイルをポーランドに提供

「Butik」がヘンプを用いたライフスタイルをポーランドに提供

ポーランドのヘンプを用いたライフスタイルのプラットフォームである「HempButik」は、インターネット上で高品質なポーランド産及び世界中のヘンプ製品を提供しています。このサイトは、 ナクロ財団によって運営されています。この財団は、世界中のヘンプ業界の幅広い社会的サービス活動を支援しています。

「ポーランド産の革新的なヘンプ製品の数は急速に増えています。そして、ポーランドの消費者の、オーガニックで自然な製品に対する注目は増しています。」とナクロ財団の理事であるKehrt Reyherは述べています。財団は、国際的な流通のためのヘンプ取引のプラットフォーム「HempTrade」も運営しています。このHempTradeは、数多くのポーランド産のヘンプ製品を扱っています。

目次

ヘンプ食品からヘンプ住宅まで

「当財団のヘンプに関するウェブサイトのシリーズに国内の流通プラットフォームを加えることで、国内市場及び輸出市場におけるポーランドの生産者を支援します」とReyherは述べています。

ポーランドの生産者によるヘンプ製品とならび、HempButikは、選別した食品、衣類やアクセサリー、健康や美容、家具製品を、世界中から輸入しています。特注のヘンプ住宅は、ポーランドとウクライナのヘンプを用いた建設会社との契約に基づいて提供されます。

麻によるおもてなし

HempButikは、ゲストがナクロ宮殿に滞在する間、ヘンプウィークエンドを提供します。ヘンプ食品、健康や美容製品を試すことができ、また、HempButikの現地ショールームで買い物をすることができます。

ポーランド語のサイトは、先週のHempDaysのプロモーションによる支援を受けました。HempDaysとはポーランドの全国的なヘンプに関するセミナー及び展示会で、HempButikもブースを出店しました。消費者志向のオンラインブティックを宣伝するために、Googleを用いた広告キャンペーンを、今月中に行います。

HempButikプラットフォームは、MPRスタジオ、ニューヨーク及びHempTodayのコラボレーションによって作られ、ナクロ財団が運営しています。

HEMPTODAY 2017年9月4日

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

AUTHORこの記事をかいた人

日本臨床カンナビノイド学会員。北海道ヘンプ協会(HIHA) 法人会員。

美容クリニックで専門医監修の下、CBDオイルを利用したアトピー性皮膚炎の治療を開始。1年間の観察結果からアレルギー数値と、症状の改善がきっかけで大麻の可能性を一人でも多くの方々に知ってもらいたいと思い立ち、編集局員として参加。

「HEMP TODAY JAPAN」を通じて、「世界の大麻産業」の真実を知ってもらう必要があると考えております。

そして、大麻へのマイナスイメージを払拭がされ、医療分野、産業分野問わず、大麻由来製品を誰でも簡単に低コストで利用できる環境を望んでいます。

2017年6月~青山エルクリニックモニター参加。
2018年5月「Hemp Food, Health & Beauty Summit」(HTセンター/ポーランド)。
2018年8月「中国 黒龍江省ヘンプ産業視察ツアー2018」参加。

目次
閉じる