MENU
カテゴリー
緊急開催!今注目の【大藪裁判】徹底解説

「カンナビノイドの父」がCBDA量産に取り組む

画像

画像:引用元

 

 

「カンナビノイド研究の父」と呼ばれ、THCCBDを発見し、大麻の医療効果に関する研究の扉を開いたイスラエルの研究者ラファエル・ミシューラム博士が、大麻草の成長の初期に現れる化合物であるCBDA(カンナビジオール酸)を修飾および安定化するプロセスの開発を発表しました。

 

ミシューラム博士の功績に関する動画はコチラ

 

 

その結果、ガンの化学療法による吐き気の抑制、炎症性腸疾患(IBD)や乾癬などの治療に役立つ可能性のある、完全に安定した半合成のCBDAが得られます。研究者たちは、CBDTHCよりも強力で、且つ、これまでのところ副作用がないことを示しているこうした化合物が、ステロイドやオピオイドの代わりになる可能性があると述べています。

ヘンプトゥデイでは、以前にもCBDAの効果について書きましたが、ステロイドやオピオイドの代わりになるとなれば、これは非常に大きなニュースです。

 

目次

製薬業界にとって正しい方向

画像

画像:引用元

 

 

ミシューラム博士は、アメリカのバイオテクノロジー新興企業EPM社と協力し、シンプルな化学プロセスであるエステル化を通じて酸を安定化させるソリューションを開発しました。

 

 

このプロセスは、特許を取得できる一貫した形式で酸を生成するため、製薬業界にとって興味深いものになる可能性があります。

 

 

また、EPM社のReshef Swisa CEOは、米国食品医薬品局が同社に対し、この物質が大麻としてではなく、開発中の他のいかなる薬品と同様に扱われると通知してきた事を明かし、これによってマリファナに関連する法的な規制を回避することができると述べました。

 

画像

画像:引用元

 

 

ミシューラム博士によると、このカンナビジオール酸の化合物は、いったん修飾および安定化されると、天然カンナビノイドよりもはるかに強力だと言います。

 

 

研究では、CBDAは大麻草の成長初期に多く見られるものの、植物が成熟するにつれて失われ、役に立たなくなる事を示しています。同博士は、THCCBDは実際には植物の成長サイクルの後半に現れる二次的な物質であると述べています。

 

 

CBDの代替?

画像

画像:引用元

 

 

カンナビジオール酸の使用に関するEPM社の特許は、その効率を大幅に変化させることなくCBDを代替できることを証明した初の方法です。

 

 

ミシューラム博士は、

ミシューラム博士
私たちは、この化合物をカンナビノイドだけでなく、既存の薬物とも比較しています。

 

 

例えば、IBD(炎症性腸疾患)において私達の混合物を2つの従来の製品と比較しました:1つはプレドニゾン(ステロイド)であり、もう1つはバイオ製剤です。

 

 

そして、どちらの方法でも、この化合物の活性が一般的なものと非常に似ていることを証明することができました。

と述べました。

 

 

「この化合物を大麻に触発されたと見ることもできますが、これは半合成化合物なのです」とSwisa氏は言います。

 

 

日本の竹田脩三博士らの研究では、繊維用大麻(ヘンプ)から得られたカンナビジオール酸に関する研究が紹介されています。

 

 

画像

 

画像:引用元

 

記事:引用元

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

AUTHORこの記事をかいた人

Yosuke Kogaのアバター Yosuke Koga HTJ 編集長

1996年カリフォルニアで初の医療大麻が解禁。その5年後に現地へ移住し、医療大麻の家庭栽培、薬局への販売などの現場や、それを巡る法律や行政、そして難病、疾患に対し医療大麻を治療に使う患者さん達を「現場」で数多く見てきた、医療大麻のスペシャリスト。

10年間サンフランシスコに在住後、帰国し、医療機関でCBDオイルの啓蒙、販売に従事し、HTJのアドバイザー兼ライターとして参画。グリーンラッシュを黎明期から見続けてきた生き証人。

目次
閉じる